fc2ブログ

【事実上の政界引退】処分回避?逃げ得?自民党の二階俊博元幹事長「次期衆議院選挙」に「不出馬」を表明!政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて「政治不信を招く要因となったことを深くおわびする」!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_03_28
※画像出典:産経新聞
自民党の二階俊博元幹事長は次期衆議院選挙に出馬しない意向を表明しました。岸田文雄首相には電話で自身の意向を伝えた模様。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて、党執行部は関係議員の処分を検討している最中での判断に様々な憶測を呼んでいます。一連のスキャンダルについて真実を語ることなく事実上の「政界引退」を選択しました。

■自民・二階氏、衆院選不出馬を表明 裏金「政治不信招きおわび」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024032500161&g=pol
時事ドットコム 2024年03月25日 12時25分 配信


自民党の二階俊博元幹事長(85)=衆院和歌山3区=は25日、党本部で記者会見し、次期衆院選に出馬しない意向を表明した。政治資金パーティー裏金事件で二階派の元会計責任者と自身の秘書が立件されたことを受け、「政治不信を招く要因となったことを深くおわびする。自らの政治責任を明らかにする」と理由を語った。

■二階俊博氏「不出馬」は「逃げ得」では? 裏金づくりの実態に沈黙「いちいち政倫審に出なくても」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/317290
東京新聞 TOKYO Web 2024年3月26日 06時00分


自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件で、政治責任を理由に次期衆院選への不出馬を表明した二階俊博元幹事長。政治倫理審査会に出席せず、裏金づくりの説明責任を十分に果たさないまま、幕引きを図った。岸田文雄首相は二階氏の「けじめ」を渡りに船とばかりに、安倍派幹部ら裏金の関係議員の処分を急ぐ。処分に必要な事件の全容解明は行われていないのに、追及をかわすための一場面として「損切り」だけが行われてしまうのか。(井上峻輔)

このニュースについて!


2024年03月25日(月)。党本部で記者会見を行った自民党の二階俊博元幹事長は次の「衆議院選挙」には出馬しない意向を表明しました。岸田文雄首相には電話で自身の意向を伝えました。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて「政治責任」を理由に挙げています。

記者会見の冒頭で同氏は「政治不信を招く要因となったことに対し改めて国民と地元の皆さまに深くおわび申し上げる」「派閥の会計責任者と私の秘書が刑事処分を受けているが、政治責任は当然、すべて監督責任者の私自身にある」と反省の弁を述べました。

東京地検特捜部は「志帥会(二階派)」で二階俊博元幹事長の秘書を務めた人物と元会計責任者の2名を立件、前者は罰金100万円の略式命令、後者は略式起訴になっています。

一方で、残りの任期については「有権者に負託された議席」であることを強調しました。国土強靭化化や大阪・関西万博の準備などに尽力する考えを示しています。

また、党執行部で関係議員の処分を検討していることを「今回の判断に影響したのか?」と問われた際は「影響はない」「自身で決めたことだ」と説明しました。更に「離党」については二階俊博元幹事長の側近で記者会見に同席した林幹雄元経済産業相は「ない」と代りに答えています。

X(旧Twitter)の反応!







管理人後記!


二階俊博氏(85歳)は現和歌山3区選出。当選回数13回。和歌山県議会議員を連続2期務めた後に1983年(昭和58年)の衆議院選挙で初当選。安倍・菅の両政権下では幹事長に就任。在任期間は歴代最長の5年2カ月に及びました。自身の政界引退や後継者選びについては地元の県連などに委ねる方針です。

派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて、党で行ったアンケートによれば「政治資金収支報告書」に記載していなかったパーティー券の収入は一昨年までの5年間で「3526万円」に上ることを報告しました。自身で会長を務めていた志帥会は今年1月に解散を決めています。

岸田文雄首相は「自民党の再起を強く促す出処進退であると重く受け止めた」と述べました。茂木敏充幹事長は「長年にわたって党勢拡大に大きく貢献された」「政治経験豊かな方だ」と評価しました。処分の有無については明言を避けています。

東京都知事の小池百合子氏は「二階先生らしいご決断だなと思った」とコメントしました。また「とても長いお付き合いだ」「地元にかける思いなど、学ばせていただいたことを私も東京で生かしていきたい」と述べています。

政治責任は認めたものの裏金還流事件に関して真実を語ることなく二階俊博氏は事実上の政界引退を選択しました。選挙に出馬しない以上は党として「処分」を下すのは無理筋です。見方によっては逃げ得と言えます。同様に派閥で不実記載のあった岸田文雄首相はこれで自身の処分を回避できます。

二階俊博氏は自民党の重鎮として岸田文雄氏の首相選任時に大きな影響を与えた人物です。不出馬を決めたことで失うものはなくなりました。任期満了まで黙って終るとは思えず自民党内部のパワーバランスに大きな影響を及ぼす可能性は高いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • No title
    2024/03/29 13:09
    表記の再変更はクリエイター向けに案内したもので、変更後に「ひよこババア」としていた「ロリババア」という表記を「つるぺたババア」に置き換える。加えて「獣姦」についても「動物なかよし」から「畜えち」に変えるとしている。
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2403/27/news173.html

    二階俊博氏がどれだけ叩かれていても地元の有権者からは「引退は残念」と思われているのはこんな理由があるから?
    https://togetter.com/li/2339635
  • No title
    2024/03/30 19:22
    大阪万博会場でガス引火事故 けが人なし、工事一部中断
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF294K40Z20C24A3000000/
    日本経済新聞

    延期した方がいいよ。
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【事実上の政界引退】処分回避?逃げ得?自民党の二階俊博元幹事長「次期衆議院選挙」に「不出馬」を表明!政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて「政治不信を招く要因となったことを深くおわびする」!