fc2ブログ

【深刻】物価高騰や新型コロナウイルスの影響で「支援要請」は「1.8倍」に!各地のフードバンクは「食料品の確保」に苦心!夏休みに突入⇒給食なしで生活困窮世帯に大打撃!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2023_07_23
※画像出典:NHK NEWS WEB
全国の小中学校は夏休みに入って給食を食べられない時期を迎えました。生活困窮世帯を対象に支援活動を行っている「フードバンク」「子どものいる世帯」を中心に食料品の配布を集中的に行っています。しかし、物価高騰や新型コロナウイルスの影響で支援要請は急増、食料品の確保に苦心しています。

■給食ない夏休み 支援要請が増加 フードバンク 食料確保に苦心
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230719/k10014135531000.html
NHK NEWS WEB 2023年7月19日 19時08分


学校が夏休みに入り給食がなくなる時期を迎えることから、全国のフードバンクは子どもがいる世帯を中心に食料の配布を集中的に行っています。一方で、物価高騰の影響で支援の要請が増えている団体も多く、食料の確保に苦心しています。

■全国のフードバンク37団体と食料支援拡大プロジェクトを実施 困窮世帯30,000世帯への支援を目指して
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000124816.html
全国フードバンク推進協議会 2023年6月28日 15時00分


国内フードバンク団体の全国的なネットワーク組織である一般社団法人全国フードバンク推進協議会※1(所在地:東京都豊島区、代表理事:米山廣明)は加盟フードバンク37団体と共に、7月から8月の給食のない夏休み期間中に子どものいる困窮世帯に集中的な食料支援を行います。

このニュースについて!


生活困窮世帯を対象に「食料品」を配布する支援活動を行っている全国の「フードバンク」によれば、物価高騰や新型コロナウイルスの影響で「支援要請」は昨年度に比べて急増しています。生活困窮世帯は急増、社会的な孤独・孤立の問題は深刻化しています。

これまでの1人親世帯に加えて「若い世代」で支援を求める声は増え始めて、昨年度は「4352件」で前年度比の「1.8倍」に激増しました。全国フードバンク推進協議会は目標支援世帯数を「30000世帯」「第5回フードバンクこども応援全国プロジェクト」を実施、食料品の支援を全国的に拡大します。

同団体では夏休みを前に多くの企業などに協力を求めて食料品を集めているものの確保は追い付いていません。1世帯当りに配れる量は減少しています。

Twitterの反応!







管理人後記!


給食を食べられないことで夏休み明けに痩せて学校に戻る子どもの問題は毎年指摘されています。全国各地のフードバンクは近年、こうした問題に対応する為に食料支援拡大プロジェクトに力を入れています。

全国の小中学校の多くは既に夏休み入りました。しかし、スタッフ不足は深刻で、フードバンクだけで現状の食糧不足や配給活動に対応することは厳しい状況です。

子どものいる家庭では夏休み中は食費の負担は増えます。特に1人親世帯には大きな負担です。そういう意味ではフードバンクの取組は栄養格差を縮める意味で意義のあるものです。一方で、本来こうした支援は企業や個人の寄付に頼らず国の主導で行われるべきです。

今年4月に発足した「こども家庭庁」「こどもまんなかアクション」と称したイベントを開始しました。この中身は「こども・子育てにやさしい社会づくりの為の意識改革に向けた啓発活動」でした。只の情報発信に投じた予算は「2億5000万円」で、岸田政権は明らかに金の使い方を間違えています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【深刻】物価高騰や新型コロナウイルスの影響で「支援要請」は「1.8倍」に!各地のフードバンクは「食料品の確保」に苦心!夏休みに突入⇒給食なしで生活困窮世帯に大打撃!