fc2ブログ

【批判殺到】経団連「異次元の少子化対策」の「財源」に注文!十倉雅和会長「消費税を排除せず検討すべき」!経済界「社会保険料の引き上げ」を牽制?

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2023_05_20
※画像出典:日本経済新聞
岸田政権の掲げる少子化対策の財源について、経団連の十倉雅和会長は「消費税」の活用を含めた財源の議論を要請しました。また、経済同友会の櫻田謙悟代表幹事は「消費税を含めた議論を今すぐに始めるべきだ」と述べました。財源確保の為に「社会保険料に一定額を上乗せして捻出する案」を示した政府・与党を牽制した形です。

■「消費増税、排除せず議論を」経団連会長、少子化対策の財源に注文
https://www.asahi.com/articles/ASR597H67R59OLZU001.html
朝日新聞デジタル 木村裕明 2023年5月10日 6時00分


岸田政権が掲げる「異次元の少子化対策」の財源問題について、経団連の十倉雅和会長は9日の記者会見で、「中期的なレンジで、財源確保も含めてしっかり議論してほしい。消費税を排除せず、検討すべきではないか」と述べた。

■少子化対策財源「消費税も議論対象に」十倉経団連会長【イブニングスクープ】
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA241DY0U3A420C2000000/
日本経済新聞 2023年4月24日 18:00 (2023年4月24日18:50更新) [有料会員限定]


経団連の十倉雅和会長は日本経済新聞とのインタビューで、政府が進める少子化対策の財源について「消費税も当然議論の対象になってくる」と述べた。政府・与党では社会保険料の活用案が浮かぶが、十倉氏は「賃上げ分を全て社会保障に回されると賃上げの実感を得られない」と幅広い層に負担を求めるのが望ましいとの見解を示した。

このニュースについて!


2023年04月24日(月)。岸田政権の掲げる「少子化対策」の財源について、経団連の十倉雅和会長は日本経済新聞のインタビューで「消費税も当然議論の対象になってくる」と述べました。同氏は「賃上げ分をすべて社会保障に回せば賃上げの実感は得られない」「幅広い層」に負担を求めています。

2023年05月09日(火)。経団連の十倉雅和会長は記者会見で「社会保険料の効率化は必要」とした上で「それだけでは足りない」と恒久的な財源確保に言及しました。改めて「消費税」の活用を含めた財源の議論を要請した形です。

2023年04月18日(火)。今月末で任期を終える経済同友会の櫻田謙悟代表幹事は最後の定例記者会見で、少子化対策の財源を巡る議論について「国会での議論が比較的軽く済んでしまう社会保険料の引き上げで財源を確保しようとしているのであれば、将来に対して責任ある政治的判断とは言えない」と述べました。消費税を含めた議論を「今すぐに始めるべきだ」と強調しています。

Twitterの反応!







管理人後記!


岸田政権は「異次元の少子対策」で将来的な子ども・子育て予算の倍増に向けて検討を進めています。しかし、これを実現には「数兆円規模」の予算を要します。

現在、政府・与党内では「年金」「医療」「介護」「雇用」などの「社会保険料」「一定額を上乗せして捻出する案」を軸に議論を進めています。

こども家庭庁の初代長官に就任した渡辺由美子氏は異次元の少子化対策の叩き台を実現する上で必要な安定財源について「『社会保険のシステムで出てくる財源』『税』『歳出改革』の組み合わせでしかない」と述べています。

経団連=経済界は企業の負担増に直結する社会保険料の引き上げに関して牽制した形です。財源に消費税を充てる案は政府・与党内で一定数あります。この先の議論次第では消費税増税は十分にあり得るシナリオです。

消費税率を「10%」に引き上げて日は浅い上に、物価高やエネルギー価格の高騰で国民の生活は疲弊しています。数々の無駄遣いや減税されている法人税・宗教課税の見直しを求める声は多いです。経済界の発言を巡ってインタ-ネット上では批判殺到しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【批判殺到】経団連「異次元の少子化対策」の「財源」に注文!十倉雅和会長「消費税を排除せず検討すべき」!経済界「社会保険料の引き上げ」を牽制?