fc2ブログ

【全国初】岸田政権「大阪府・市の統合型リゾート施設(IR)整備計画」を正式に認定!長崎県は審査継続に!モデルはシンガポール!カジノ「依存」に懸念?

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2023_04_15
※画像出典:朝日新聞デジタル
岸田政権はカジノを含めた「統合型リゾート施設(IR)」に関して「大阪府・市の整備計画」を全国で初めて認定しました。大阪市の人工島「夢洲(ゆめしま)」で2029年の開業を目指します。一方で、統一地方選挙で躍進した「日本維新の会」の影響は大きく地元住民の間では賛否両論です。


■政府、大阪のIR整備計画を認定 全国初 長崎は継続審査に
https://mainichi.jp/articles/20230414/k00/00m/020/022000c
毎日新聞 2023/4/14 09:04(最終更新 4/14 20:33)


岸田文雄首相は14日のカジノを含む統合型リゾート(IR)推進本部会合で、大阪府・市の整備計画を認定することを明らかにした。斉藤鉄夫国土交通相が正式に認定する。今後、カジノ免許付与などの手続きが進めば、日本で初めてのIRが誕生する。大阪府・市は2029年秋~冬の開業を目指している。同じく認定の申請をしていた長崎県の計画については、継続審査とする。

■大阪のカジノIR、政府が認定へ 近く決定、長崎は見送り案浮上
https://nordot.app/1018556916784496640?c=39550187727945729
共同通信 2023/04/12


カジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)の開設に向け、大阪府・市が提出した整備計画を政府が認定する方向で最終調整していることが分かった。岸田文雄首相を本部長とするIR推進本部の会合を近く開催し、関係閣僚の意見を聞いた上で決定する見通しだ。一方で長崎県の計画は内容を見極める必要があるとして、認定判断を見送る案が政権内で浮上している。政府関係者が12日明らかにした。

IR計画認定の裏に「日本(大阪)維新の会」の躍進?


2023年04月12日(水)。岸田政権はカジノを含めた「統合型リゾート施設(IR)」に関して「大阪府・市の整備計画」を認定する方向で最終調整に入りました。岸田文雄首相を本部長に「IR推進本部」の会合を行った上で正式に政府決定を表明します。

地方統一選挙の大阪府知事・大阪市長のダブル選で主要なポストを抑えた「日本(大阪)維新の会」の影響は大きいようです。大阪府知事選挙で再戦を果たした吉村洋文氏はIRの誘致について「進めていくことに一定の民意を得られた」と述べて推進する考えを示しています。

2023年04月14日(金)。岸田政権はカジノを含めた「統合型リゾート施設(IR)」を巡って大阪府・市と長崎県の整備計画を協議するIR推進本部の会合を開催。斉藤鉄夫国土交通相は大阪府・市の整備計画について正式に認定しました。全国で初の認定です。

岸田文雄首相は「大阪のIRについては2025年の大阪・関西万博開催後の関西圏の発展や我が国の成長に寄与する」「日本の魅力を世界に発信する観光拠点となることが期待されています」と述べました。一方で、同時に審査を受けていた「長崎県」の整備計画は国の有識者委員会で継続審査になっています。

日本初の「カジノ」は2029年の秋冬頃に開業予定!


大阪府・市の整備計画では、米国カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナル日本法人とオリックスを中核出資者にした「大阪IR株式会社」を事業者の中心に大阪市の人工島「夢洲(ゆめしま)」での開業を目指します。初期投資で「1兆円余」を投じてカジノや国際会議場などを整備します。

年間の来場者数は約2千万人。経済波及効果は近畿圏で「1兆1400億円」を試算。2029年の秋冬頃に開業を予定しています。

今後、大阪府・市と事業者で実施協定を結んだ上で「内閣府」の外局に設置された「カジノ管理委員会」「反社会的勢力の排除」などの観点で審査を行った上で、カジノ運営の免許を与える最終判断を行います。

Twitterの反応!







管理人後記!


カジノを含めた「統合型リゾート施設(IR)」に巡って地元住民の意見は賛否両論です。特に外国人観光客の急増による治安悪化や1000億円を超える費用の負担などを懸念する声は多く上っています。

大阪府でこの問題に取り組んでいる無所属・堀内たかお氏は自身のTwitterで「国の大阪カジノ誘致の評価Bランク、本音はもっと下でしょう。土壌汚染、軟弱地盤、沈下や南海トラフ、問題点は見ないことにしての評価です。Bでも大阪の政治家はやりたいんですね、後は知りませんよ、責任は府民で取ってね、というサインに見えてしまいます。」と述べました。

実際、中長期的な運営を視野に入れた場合に「南海トラフ地震」「軟弱地盤」「土壌汚染」のリスクは否定できません。しかし、統一地方選挙での「日本(大阪)維新の会」の躍進で争点として議論しないまま選挙の結果だけで推し進めた形です。

尚、長崎県の計画認定は継続審査になりました。同県の整備計画では佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」の隣接地にIRを建設、2027年度の開業を目指していました。審査継続の理由について斉藤鉄夫国土交通相は「審査中なので答えを差し控える」と述べています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • No title
    2023/04/16 22:04
    小林よしのり氏が疑念を抱く「こども家庭庁」の裏。隠す気もなくなってきた統一協会の恐ろしさ
    https://www.mag2.com/p/news/572869/amp
    まぐまぐニュース!

    必読の内容といえます。
  • No title
    2023/04/17 13:12
    ネトウヨさんたち「テロの動機を報道するな!」←よほど統一教会問題が効いたらしい…
    https://datsuaikokukarutonosusume.blog.jp/archives/1081628811.html
    脱「愛国カルト」のススメ

    さすがに「動機を報道するな」はおかし過ぎるな。酌量の余地があろうとなかろうと、犯人の動機をきちんと報道するのは当たり前ですよ。
  • No title
    2023/04/18 07:19
    https://twitter.com/okotatsudoragon/status/1647382078948880384
    炬燵どらごん
    @okotatsudoragon
    #表現の自由を守る統一選2023
    #表現の自由を守るための約束
    【選抜】表現の自由な政治家リスト
    4人の議員が今回の統一選の対象です。

    入江あゆみ 豊島区議会議員
    おぎの稔 大田区議会議員
    松本ときひろ 品川区議会議員
    やぶはら太郎 武蔵野市議会議員

    応援をお願いします!
    https://twitter.com/i/lists/1217635549034364928
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【全国初】岸田政権「大阪府・市の統合型リゾート施設(IR)整備計画」を正式に認定!長崎県は審査継続に!モデルはシンガポール!カジノ「依存」に懸念?