fc2ブログ

【新型コロナウイルス】東京大学医科学研究所「新型コロナウイルス・オミクロン株のXBB.1.5系統に関する検証結果」を発表!抗ウイルス薬に一定の効果!オミクロン株対応ワクチンの接種は感染対策に有効!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2023_02_24
※画像出典:産経新聞
東京大学医科学研究所は「新型コロナウイルス・オミクロン株のXBB.1.5系統に関する検証結果」を発表しました。抗ウイルス薬に一定の効果。オミクロン株対応ワクチンの接種は感染対策に有効。一方で、免疫を逃れる性質は従来株や他のオミクロン株に比べて最も強いそうです。

■ワクチンの予防効果低め 米で拡大のオミクロン株派生型
https://nordot.app/997780893460201472?c=39550187727945729
共同通信 2023/02/13


米国で拡大中の新型コロナウイルスのオミクロン株派生型「XBB・1.5」に対するワクチンの予防効果は、従来株や他のオミクロン株よりも低かったとの実験結果を、東京大医科学研究所の河岡義裕特任教授(ウイルス学)らのチームが13日、公表した。ただ一定の効果は確認されており、オミクロン株対応ワクチンの接種は感染対策として有効としている。

このニュースについて!


2023年02月13日(月)。東京大学医科学研究所の河岡義裕特任教授らの研究グループは、欧米を中心に感染拡大中の新型コロナウイルスのオミクロン株派生型の変異株「XBB.1.5」に関する「検証結果」を感染症分野の国際的な雑誌「ランセット・インフェクシャス・ディジーズ」に発表しました。

抗ウイルス薬の「ラゲブリオ」「パキロビッド」「ゾコーバ」それに点滴で投与する「レムデシビル」を使って、患者から採取したXBB.1.5の増殖の抑制効果を調べました。結果、ウイルスの増殖を抑える効果は従来型のウイルスや2022年春頃に広がったオミクロン株の「BA.2」に対して同程度認められました。

また、ワクチンの効果について、従来型のワクチンを4回接種した人の血液ではXBB.1.5に対する中和抗体の働きはほとんど確認できませんでした。一方で、5回目にオミクロン株対応のワクチンを接種した人の血液では低い水準ではあるものの中和抗体の働きを確認しています。

オミクロン株対応のワクチンでXBB.1.5に対する免疫を高められる他、抗ウイルス薬について一定の効果は認められました。尚、過去の感染やワクチン接種で得た「免疫を逃れる性質」は従来株や他のオミクロン株に比べて最も強いそうです。

Twitterの反応!







管理人後記!


世界保健機関(WHO)はXBB.1.5の特徴やリスクについて専門家による「初期調査結果」を公表しました。米国では感染力に関しては比較的強い傾向だった他、過去の感染やワクチン接種で得た免疫を逃れる性質はこれまでの変異株の中で最も強い部類に入ります。

重症化のし易さや現在のワクチンで重症化や死亡率を下げる効果については現時点で「データは不十分」でした。これは今年1月の調査結果ではあるものの東京大学医科学研究所の検証結果と概変りません。

WHOは調査について、米国1カ国のデータに基いているので「全体的な信頼度は低い」としていてデータの収集を継続します。一方で、厚生労働省の専門家会合は「感染性や重症度に関する疫学や臨床の知見はない」と見解を示しました。諸外国の状況の分析や「ゲノム解析」による監視を続ける方針です。

日本においては現時点で東京都など複数の県で数件確認されています。免疫を逃れる性質は気になる所です。XBB.1.5の流入に加えて新型コロナウイルスの5類移行と反マスクの流れで第8波の長期化もしくは第9波の到来は懸念しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • No title
    2023/02/25 06:36
    https://twitter.com/Japangard/status/1629000075774169088
    坂東 忠信
    @Japangard
    男女間には様々な状況が出ますが
    過去に遡って同意が証明できないと
    「私はやられた!」=犯罪?
    今後の予想
    ❶「合意確認アプリ」が発売
    ❷合意書と印鑑の準備は男の嗜み!とか言われる
    ❸未成年は親のリアルタイム事前合意が必要
    ❹合意証明のための隠し撮りが流行る

    法務省
    強制性交罪「不同意性交罪」に罪名変更へ…「同意なしは処罰対象」を明確化
    https://news.livedoor.com/article/detail/23761498/





  • No title
    2023/02/25 07:06
    https://twitter.com/stuvw22/status/1608094822572916736
    stuvw22
    @stuvw22
    ヨーロッパ人権裁判所2018年1月30日判決(https://hudoc.echr.coe.int/eng?i=001-180506)。一言で言えば、商業広告(公共の場における広告掲示板への掲示を含む)について人口の過半数が不快に感じるとしても表現の自由の制限は許されないという判決ですが、あまり知られてなさそう。

    https://twitter.com/S_MIZUMI/status/1629073451880431616
    水海 瞬
    @S_MIZUMI
    元アメリカ自由人権協会会長のナディーン・ストロッセンさんが、性表現への攻撃、検閲を求めるフェミニズムの一部と宗教右派の奇妙な”同盟、”について、性表現を抑圧するのは最終的には立場の弱い女性やLGBTQに悪影響を与えると語る。本当に久しぶりに考えを聞けて感動している。この機会に感謝します

    https://twitter.com/ogi_fuji_npo/status/1627879632635858954
    荻野幸太郎 / OGINO, Kotaro
    @ogi_fuji_npo
    児童ポルノやペドフィルへの恐怖が蔓延した結果、アメリカ社会は子どもたちにも疑いの目を向けるようになった。幼い子どもたちが、性犯罪者の烙印を押されたり、性的問題児童として治療対象にされたりする事例が相次ぎ、ようやく人権団体が警鐘を鳴らすも、もはやパニックは止まらない状況という。

    https://twitter.com/ogi_fuji_npo/status/1627939759883694080
    荻野幸太郎 / OGINO, Kotaro
    @ogi_fuji_npo
    80年代以降、表現規制推進側のフェミニストが「ポルノ」というネガティブな言葉によって議論の枠組自体のハックを試みてきた点を、ストロッセンは指摘する。逆に規制に批判的なフェミニストは、そこに引きずられないよう、「性表現」等の中立的な言葉の使用を心掛けたようだ。

    https://twitter.com/ogi_fuji_npo/status/1627584310290296832
    荻野幸太郎 / OGINO, Kotaro
    @ogi_fuji_npo
    1995年出版の『ポルノグラフィ防衛論』で指摘された問題が、今も繰り返し議論されているのだなと改めて感じる。差別的・搾取的ポルノを誰も定義できないまま規制が叫ばれることで性的少数者が狙い撃ちにされる危険性や、ポルノへの責任転嫁で実際の性犯罪者が言い逃れの機会を得てしまった事例など。

    https://twitter.com/WmcJpn/status/1628048296160952322
    女子現代メディア文化研究会
    @WmcJpn
    【おさらい「ジェンダーって何?」】
    第3回目〜「美とミソジニー」とファッションとジェンダーと〜
    配信まとめです。

    第3回「ジェンダーって何?」〜「美とミソジニー」とファッションとジェンダーと〜まとめ https://togetter.com/li/2017764 #Togetter
    @togetter_jp
    より

    https://twitter.com/bakanihakaten35/status/1628937129375170560
    トゥーンベリ・ゴン
    @bakanihakaten35
    【悲報】

    フェミニストの郡司真子氏、上野千鶴子氏の入籍発覚の記事を読んでブチ切れ発狂。単独で奇襲攻撃を仕掛ける。

    https://twitter.com/yanai_factcheck/status/1628712860414263296
    楊井人文 Yanai Hitofumi
    @yanai_factcheck
    【配信しました】フェミニズムの旗手として婚姻制度を批判し上野千鶴子元東大教授が「入籍していた」と週刊文春が報じたが「結婚していた」とは断定していないので要注意だ。
コメント投稿

トラックバック
    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 政治・経済・時事問題
  • »
  • 【新型コロナウイルス】東京大学医科学研究所「新型コロナウイルス・オミクロン株のXBB.1.5系統に関する検証結果」を発表!抗ウイルス薬に一定の効果!オミクロン株対応ワクチンの接種は感染対策に有効!