fc2ブログ

タグ:茂木敏充

記事一覧

【名門派閥に幕】自民党・茂木敏充幹事長「平成研究会(茂木派)」の解散を決定!グループ活動は継続!党内6派閥の内「5派閥」は解散!残る「麻生派」の動向は?

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_04_20
※画像出典:FNNプライムオンライン
派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件に関連して、自民党の政治団体「茂木派」は解散を決定しました。茂木敏充幹事長自身の提案です。一方で「政策集団」としてのグループ活動は継続します。これで党内6派閥の内5派閥は解散を選択しました。残る「麻生派」の動向に要注目です。

■茂木派、政治団体届けを取り下げ 方針確認、集団活動は維持
https://nordot.app/1153276894925128697?c=39550187727945729
共同通信 2024/04/17


自民党の茂木敏充幹事長率いる茂木派(平成研究会)は17日、臨時会合を党本部で開き、総務相に提出している政治団体届けを取り下げる方針を確認した。派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた党改革の中間報告を踏まえた。「カネと人事」を切り離した政策集団としての活動は維持することも申し合わせた。東京・永田町のビルに入居する派閥事務所も解約する方向だ。

■自民・茂木派、政治団体取り下げ 事件考慮、「政策集団」で活動
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024041700892&g=pol
時事ドットコム 時事通信 編集局 2024年04月17日 20時42分配信


茂木派は53人の所属議員を抱えていたが、裏金事件後に小渕優子選対委員長らが相次いで退会し、44人にまで減少。さらなる離脱の動きも取り沙汰されている。1月に岸田派や安倍派が解散を決める中、残ったメンバーから派閥解散を求める声も出ていた。

このニュースについて!


2024年04月17日(水)。自民党の政治団体「平成研究会(茂木派)」は党本部で開いた総会で「政治団体」としての届け出を取り下げる方針を決定しました。会長を務める茂木敏充幹事長自身で提案・了承されました。一方で「政策集団」としてのグループ活動は継続、運営の在り方などに関しては今後検討、所属議員の会費の徴収は当面停止します。

派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件に関連して、岸田文雄首相は派閥の在り方について「金」「人事」を完全に決別させて「政策集団」などに移行させる「中間取りまとめ案」を発表しました。茂木敏充幹事長の提案はこれに基く対応です。

茂木敏充幹事長は記者団に対して「今後は内外の課題解決に向けて仲間が問題意識や政策の方向性を共有できる楽しいグループを目指していきたい」とコメントしました。加藤勝信前厚生労働相は茂木派に政治資金の問題はなかったことを強調した上で「一回ここで解散し今後のあり方をこれから考える」と言明しています。

X(旧Twitter)の反応!







管理人後記!


茂木敏充氏の提案に特に異論はなかった模様。既に「岸田派」「安倍派」「二階派」「森山派」は政治団体の解散を決定しています。今回の茂木派で自民党内6派閥の内「5派閥」は解散を選択した形です。一方で「麻生派」は存続、今後の動向に要注目です。

裏金還流事件で茂木派の関係者は立件されていません。しかし、小渕優子選対委員長らの相次ぐ退会で弱体化、他派閥の解散方針決定を受けて「国民に分かりやすいよう一旦、政治団体の届け出を取り消すべきだ」と派閥内の意見は多かったようです。

茂木派は「保守本流」と呼ばれる派閥のひとつで、源流は佐藤栄作元首相の「周山会(佐藤派)」です。田中角栄元首相の率いた「木曜クラブ(田中派)」の時代は「所属議員140人」を超える党内最大派閥として強い影響力を持っていました。茂木敏充氏は2021年11月に同派の会長に就任しています。

茂木派は現在の岸田政権では党の要である幹事長の他、3人の閣僚を送り込んでいます。衆議院議長を務める額賀福志郎氏はかつて同派を率いた人物です。茂木敏充氏は幹事長として党のガバナンス強化を掲げる立場なので批判を避ける狙いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【批判殺到】岸田文雄首相「所信表明演説」で「経済」を連呼!供給力の強化と物価高騰を乗り越える為に「国民への還元」をアピール!憲法改正に意欲?れいわ新選組・山本太郎代表「厚顔無恥で中身なし」「ふわっとしたポエムだ」!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2023_10_28
※画像出典:FNNプライムオンライン
臨時国会の召集を受けて岸田文雄首相は「所信表明演説」を行いました。これまでの成果を強調した上で更に「経済政策」に重点を置くことをアピールしました。自公両党は評価した一方で野党は批判、れいわ新選組代表の山本太郎氏は「厚顔無恥で中身なし」「ふわっとしたポエムだ」と切り捨てています。

■第二百十二回国会における岸田内閣総理大臣所信表明演説
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/statement/2023/1023shoshinhyomei.html
首相官邸ホームページ 総理の演説・記者会見など 更新日:令和5年10月23日


演説全文
一 はじめに ~変化の流れを掴(つか)み取る~

第二百十二回臨時国会の開会にあたり所信の一端を申し述べます。
日本国内閣総理大臣として、私の頭に今あるもの、それは、「変化の流れを絶対に逃さない、掴み取る」の一点です。

■日本経済の変化の流れ「つかみ取る」、岸田首相が所信表明演説
https://jp.reuters.com/markets/japan/funds/7BVZXSJKYFLE5DU3RMJLYUSZXQ-2023-10-23/
ロイター 杉山健太郎 2023年10月23日 午後 2:24 GMT+95日前更新


[東京 23日 ロイター] - 岸田首相は23日、臨時国会の所信表明演説で、30年ぶりとなる日本経済の変化の兆しを後戻りさせないよう設備投資などによる「供給力の強化」と、税収増分の「国民への還元」を車の両輪として総合経済対策を取りまとめると述べた。物価高による家計負担を緩和するため、税収増分を国民に還元する措置を与党の税制調査会で早急に検討するよう指示する考えも示した。

このニュースについて!


2023年10月23日(月)。臨時国会の召集を受けて、岸田文雄首相は衆参両議員の本会議で「所信表明演説」を行いました。冒頭で「私の頭に今あるものは『変化の流れを絶対に逃さない掴み取る』の一点だ」と発言しました。

岸田文雄首相は少子化対策や防衛力の強化など時代の変化に応じた課題に取り組んで結果を出してきたことを強調、この上で「今後も物価高騰をはじめ国民の直面する課題に『先送りせず必ず答えを出す』と不撓不屈の覚悟をもって取り組んでいく」と述べました。

最初に掴まなければならない変化の流れとして「経済」を挙げました。具体的には「30年来続いてきた『コストカット経済』からの変化が起こりつつある」「この変化の流れを掴み取るために『経済、経済、経済』、私は何よりも経済に重点を置いていく」と述べています。

2023年10月25日(水)。所信表明演説に対する各党の代表質問を衆参両議院の本会議でそれぞれ行いました。岸田文雄首相は憲法改正に関して「総裁任期中に実現したいという思いにいささかの変わりもない」と意欲を示しました。来年9月までの自民党総裁任期中に実現を目指します。

Twitterの反応!







管理人後記!


岸田文雄首相は「供給力の強化」で今後3年程度を「変革期間」と位置付けて半導体や脱炭素などの先端分野への大型投資を促進、同時に賃上げや設備投資に取り組む企業への減税を進めます。

また、供給の要として「労働力の拡大」を念頭に、いわゆる「106万円の壁」を解消する為に必要な予算を確保する考えを示しています。

自民党の茂木敏充幹事長、公明党の山口那津男代表は「力強いメッセージ」とこれを評価しました。一方で、自民党の世耕弘成参議院幹事長は「支持率は低空飛行」「国民が期待するリーダーとしての姿が示せていない」と苦言を呈しました。これは岸田派VS安部派の見方はできるものの異例の事態です。

また、れいわ新選組代表の山本太郎氏は「ひとことで言うなら、厚顔無恥で中身なし」「こんな、ふわっとしたポエムだらけの所信表明の中で、この国が救えるのか。一刻も早く辞めてもらわないといけない」と切り捨てました。

党として「消費税廃止」「給付金の実施」「社会保険料減免」「大至急やらなければ」と改めて岸田政権と対決姿勢を示しました。更に、参議院本会議では「この経済オンチ」とヤジを飛ばしたことを明かしています。

この所信表明演説を巡ってはインターネットを中心に批判殺到しています。臨時国会では本格的に新たな経済対策の議論します。しかし、現時点で国民の生活や日本経済を大きく改善させるような政策は期待できない状況です。

尚、憲法改正に関して要注意なのは「内閣独裁権条項」と呼ばれる「緊急事態条項」です。人権保障を停止する性質上、表現の自由、報道の自由、経済的自由権、財産権など「民主主義の根幹」である権利を大幅に制限できる危険性を孕んでいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【物議】少子化対策の「財源」で激論?加藤勝信厚生労働相「社会保険料を子どもに持っていく余地はない」!茂木敏充幹事長「増税や国債の発行は考えていない」「さまざまな保険料で拠出する仕組みを検討する」!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2023_05_23
※画像出典:FNNプライムオンライン
岸田政権の掲げる少子化対策の「財源」を巡って、自民党の茂木敏充幹事長は既存の保険料収入の活用して確保する考えを示しました。これに対して、加藤勝信厚生労働相は「年金や医療に使う金を子どもに持っていく余地はない」と述べて否定的な考えを示しました。議論は平行線を辿っています。

■社会保険料の活用「余地ない」少子化対策財源で―加藤厚労相
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023050700184&g=eco
時事ドットコム 2023年05月07日 12時19分


加藤勝信厚生労働相は7日、フジテレビの討論番組に出演し、少子化対策の財源に関し「年金、医療に使うお金を子どもに持っていく余地はない」と述べ、医療や年金などの社会保険料引き上げによる確保に否定的な見解を示した。

■少子化対策財源に社会保険料を「使う余地はない」と加藤厚労相
https://www.fnn.jp/articles/-/524886
FNNプライムオンライン 日曜報道THE PRIME 2023年5月7日 日曜 午後7:22


加藤勝信厚労相は7日、フジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』(日曜午前7時30分)に出演し、「異次元の少子化対策」の財源に関し、医療や年金などの社会保険料引き上げによる確保に否定的な見解を示した。「年金や医療に使う金を子ども(政策)に持っていくというのは、正直余地はない」と述べた。

このニュースについて!


2023年05月07日(日)。フジテレビ系の番組「日曜報道 THE PRIME」に出演した加藤勝信厚生労働相は、少子化対策の「財源」について「社会保険料は医療は医療に、年金は年金に使う」「目的と負担との関係で(制度を)作っている」「年金や医療に使う金を子どもに持っていくのは正直言って余地はない」と述べました。

医療や年金などの社会保険料を少子化対策の税源に充てる案に慎重な姿勢を示しました。その上で財源の在り方について「社会保険料方式という形なのか税で負担していくのかやるべき施策などを含めてよく議論させていただきたい」と述べています。

これに先駆けて、自民党の茂木敏充幹事長は「(現状では)増税や国債の発行で捻出することは考えていない」と明言しました。まずは歳出削減の徹底や既存の保険料収入の活用して「国民の負担」を増やさない方向で新たな方策を検討する意向です。

Twitterの反応!







管理人後記!


岸田政権は「異次元の少子対策」で将来的な子ども・子育て予算の倍増に向けて検討を進めています。しかし、これを実現には「数兆円規模」の予算を要します。

現在、政府・与党内では「年金」「医療」「介護」「雇用」などの「社会保険料」「一定額を上乗せして捻出する案」を軸に議論を進めています。

加藤勝信厚生労働相は社会保険料を少子化対策に活用する案を否定しました。一方で、自民党の一部の議員は「国債」の追加発行を提案しているものの茂木敏充幹事長はこれを否定、議論は平行線を辿っています。

歳出削減の徹底に関して政府・与党の対応は非常に遅く、政務活動費など政治に直結するような予算はほぼ手付かず状態です。

国民の負担を増やさない最善の方法は国債の追加発行です。逆に言えばこれ以外で「少子化対策を倍増させる方法はあるのか?」は甚だ疑問です。政府・与党の姿勢を巡って批判的な意見は多いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 茂木敏充