fc2ブログ

タグ:自主規制

記事一覧

【賛否両論】DHCテレビ「真相深入り!虎ノ門ニュース」YouTubeの「ガイドライン違反」でライブ配信停止!理由は「スパムと欺瞞的行為に関するポリシーに違反したため」?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_09_20
■DHCテレビYouTubeチャンネルについてのお知らせ
https://dhctv.jp/information/2018-09-19-317213/
DHCテレビジョン 2018年9月19日


平素よりDHCテレビジョンをご覧いただき、誠にありがとうございます。

2018年9月19日、YouTubeはDHCテレビが10月5日に放送を予定していた「真相深入り!虎ノ門ニュース」金曜日について、「ガイドラインに違反している」として、ライブ配信予定のページ削除を行いました。

これに伴い、YouTubeから科せられたペナルティとして、9月19日配信分の当社番組「DHCキレイを磨く!エクストリームビューティ」のライブ配信が停止されました。

また10月5日を除く、虎ノ門ニュース及び当社制作番組のライブ配信については、問題なく配信できるかどうかは今のところ不明です。

なお、まだ配信されていない番組を削除した経緯や理由について、YouTubeは「スパムと欺瞞的行為に関するポリシーに違反したため」と通告するのみで、具体的な内容についての言及はありません。

Twitterの反応!







YouTubeの一方的な配信停止に一抹の不安!


YouTubeは10月5日(金)に放送を予定していたDHCテレビの「真相深入り!虎ノ門ニュース」について「ガイドライン違反」を理由に「ライブ配信予定」のページを削除しました。DHCテレビの公式Twitterによれば「スパムと欺瞞的行為に関するポリシーに違反したため」との通告を受けた模様。また、これに伴ってYouTubeに科せられたペナルティとして9月19日(水)配信分の同社番組「DHCキレイを磨く!エクストリームビューティ」のライブ配信も停止されたようです。

同番組は自民党議員の青山繁晴や小説家の百田尚樹らがコメンテーターを務めるネトサポ&ネトウヨ御用達の番組です。偏向報道や過激な内容でしばしば物議を醸しています。視聴者の通報でガイドライン違反を確認したYouTube側の「自主規制」である可能性は高く番組内容を見直さなければ同じ事が続くかもしれません。

「まだ配信されていない番組」を削除した経緯・理由についてYouTubeは具体的に言及はしていません。前述の「通告」以外に詳しい理由などは不明でDHCテレビは現在「異議申し立て」を行っています。表現規制的に全肯定はできないものの現政府・与党の公式チャンネルと化している番組に睨みを利かせる意味で今後の展開に注目しています。

同番組の主なコメンテーターは次の通りです。青山繁晴(参議院議員)、百田尚樹(小説家)、竹田恒泰(作家)、ケント・ギルバート(カリフォルニア州弁護士)、井上和彦(軍事ジャーナリスト)、藤井厳喜(国際問題アナリスト)、北村晴男(弁護士)、有本香(ジャーナリスト)、武田邦彦(科学者)、須田慎一郎(経済ジャーナリスト)、上念司(経済評論家)、大高未貴(ジャーナリスト)、ネトサポ&ネトウヨに受けるのは必然で「朝日新聞」を糾弾する資格は皆無なほど偏向的な面子です。最近ではYoutuberのKAZUYAも出演するなど明らかに「特定政党の公式チャンネル」になっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【浅薄愚劣】テレビ朝日「幸色(さちいろ)のワンルーム」の放送中止!行き過ぎた「自主規制」は「文化」を殺す!意味不明なクレームに屈する愚策!

表現規制ニュース
constitutionalism_2018_06_19
■「誘拐肯定では」指摘受けたドラマ テレ朝放送取りやめ
https://www.asahi.com/articles/ASL6L53Y0L6LUCLV00M.html
朝日新聞デジタル 湊彬子 2018年6月18日 21時07分


テレビ朝日は18日、7月開始予定の連続ドラマ「幸色(さちいろ)のワンルーム」の放送を取りやめることを決めた。原作漫画が実際に起きた誘拐事件を肯定的に描いているのではないかなどとして、批判の声が出ていた。

ドラマは大阪の朝日放送(ABC)テレビが制作。テレ朝が関東地区で土曜深夜に放送予定だった。原作は「はくり」さんによる同名漫画。2016年9月にツイッターで初めて公開した。親に虐待された中学2年の少女が、声をかけてきた男と自ら進んで一緒に暮らす様子を描く。

Twitterの反応!







関西地区で「予定通り放送」は唯一の評価点!


テレビ朝日は7月開始予定の連続ドラマ「幸色(さちいろ)のワンルーム」の放送を取り止める事を決定しました。原作は「はくり」氏による同名漫画。ドラマ版は大阪の朝日放送テレビ(ABC)の制作。テレビ朝日は関東地区で土曜深夜に放送する予定でした。原作漫画に対して「実際に起きた誘拐事件を肯定的に描いている」と批判の声も出ていた模様。朝日放送は「実際の事件をモデルにしたり事件からモチーフを得たりしたものではないと認識しております」とコメントしています。

原作漫画は2017年2月より無料マンガサイト「pixivコミック」で不定期で連載。現在も随時更新されて2017年6月に累計閲覧数8000万を記録しました。元々は「世の中いろんな人がいると言う話」のタイトルでTwitterに投稿された作品。後に「幸色のワンルーム」のタイトルでイラストコミュニケーションサービスを提供する会員制ウェブサイト「pixiv」で公開。累計閲覧数6200万で書籍化もされています。

本作の主人公は両親に日常的な虐待を受けて学校ではイジメられ自殺直前の14歳の少女で声を掛けてきた青年に「誘拐」という形で「保護」されます。誘拐犯である青年に寄り添う形で「結婚」を前提とした「同居生活」を送るストーリーです。

Twitterで公開されていたものは「埼玉県朝霧市女子生徒誘拐事件」をモデルにしているとの憶測でバッシングを受けています。こうした憶測は「デマ」で確定しているもののコミックス版は内容を大幅に修正。原作者はコミックス版を「本筋」としています。尚、前述のドラマ版は「関西地区」では予定通り来月放送開始です。放送を中止したのは件の事件の起きた「関東地区」です。

非常に「窮屈な世の中」になったのは事実で「表現の自由」を守る者として本件は危惧しています。しかし、赤木智弘氏(@T_akagi)の仰るように「本質」はあくまで「放送側の安易な自主規制」「ことなかれ主義にあります。叩くべき相手を間違えないように・・・。個人的には「客に金を払ってもらう映画」「スポンサーの金で製作するTVドラマ」の違いを感じます。事の真相は単純に「面倒を避けた」のでは?。尚、本件に関しては不明な部分も多いので継続して情報募集中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【続報】平成の大弾圧!出版倫理懇話会上層部「自主規制強化」を否定!真の脅威は民法改正?

表現規制ニュース
■全部フェイクニュース……JKビジネス規制条例で「エロマンガでもセーラー服禁止」の真相
http://www.cyzo.com/2017/09/post_34292_entry.html
日刊サイゾー 2017.09.04 月


JKビジネス規制条例によって、アダルトメディアからセーラー服が消滅する? そんなウワサが、業界の内外を駆け巡っている。実は筆者の元にも、昨週から「これ本当なの?」と、真偽を問う電話やメールが複数寄せられている。

ウワサの発端となっているのは、作家・編集者を名乗る、ある人物のTwitterでの発言だ。これによれば「出版倫理懇話会の上層部が警察に呼ばれて<レクチャー>を受けた結果、マンガも含めてJKビジネスを想起させる全ての表現がアウトで、プロを廃業せざるを得ない作家がでるかもしれないという噂」とし、「<平成の大弾圧>レベルになる危険」と記しているのである。

最初は「またぞろTwitterに踊らされて……」と静観していた筆者であるが、問い合わせが複数続くと、少々不安に。まずは、ウワサに右往左往としているよりも、やることはあると出版倫理懇話会の「上層部」に取材した。

「え、警察? 最近は……だいぶ前にある出版社のグラフ誌で、モザイクが薄いページたった1ページあるってだけで呼び出されたことがあるくらいだな。ほかは、最近は警察からはまったくなにもありませんよ」

では「出版倫理懇話会の上層部が警察に呼ばれ」ているという事実を尋ねたところ……。

「誰も呼ばれていない。先日の集まりでも、そんな話題は出ていない。ガセだよ、フェイクニュースだよ!!」

そう、憤りを隠さない「上層部」氏。聞けば、某大手エロマンガ系の出版社社長からも「あの、Twitterのはホント?」と電話があったそうだ。普段、あまりTwitterは見ていないという「上層部」氏。どうやら、何人もがフェイクニュースに踊らされて連絡してくることに困惑をしているようでもある。

「昔から、こういうタイプの編集者はいるんだよねえ。<次は警察がこれを規制するぞ>とか、事情通のフリをして話を盛ったり。ガセネタを流して人が右往左往するのを楽しんでいるヤツ。ウチに昔いたヤツも……」

ちょっと驚いたのは、幾度も「昔から、そういうヤツはいる」という発言を繰り返したこと。気を取り直して、再度「本当に、どこも警察から呼び出されていないんですよね」と確認したところ……。

「だって<上層部>の私が、呼ばれていないんですから。<表現の自由>がある以上、警察もそこまでは踏み込めません。まったくの事実無根です」

いくら警察権力が強大とはいえ、「JKビジネスを想起させる表現をすべて禁止」に踏み込むのは、なかなか困難な作業。国家権力がそこまでできる能力を持っているという事実が、リアリティを持たせているのか? その心性を利用した昏い遊びに踊らされてしまうことになるとは……。

※話を聞いた出版倫理懇話会の「上層部」から「私の名前を出すと、また電話してくる人がいて迷惑」とのことで、名前を伏せました。お察し下さい。(文=昼間たかし)

Twitterの反応!










平成の大弾圧に現実味 秋の臨時国会で提出予定の「民法改正案」に要警戒!


W-B氏に頂いた情報。JKビジネス規制条例の余波による「出版倫理懇話会(出倫懇)」「自主規制強化」の件に関する続報です。取材した昼間たかし氏によれば出倫懇上層部は完全否定した模様。日刊サイゾーの記事は必読&拡散希望です。鳥山仁(@oriyamazine)氏の聞いた噂は事実と異なっていたようで同氏は謝罪した上で該当のツイートを削除しています。

只、こうした「圧力」「警察の胸先三寸」で彼等の気分次第で「平成の大弾圧」は現実のものになってしまいます。常に目を光らせておく事は間違いではありません。尚、一連の流れを把握し易いように当ブログの記事はそのままにしておきます。

別件で要警戒なのは富ユタカ(@kj777)氏のツイートです。先の通常国会で提出見送りになった「女性の結婚年齢の下限引き上げ」を盛り込んだ「民法改正案」で同レベルの表現規制に発展する可能性があるそうです。上川陽子法務相は秋の臨時国会での法案提出に言及しました。早々に動き出すかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【平成の大弾圧】JKビジネス規制条例の余波!出版倫理懇話会加盟の出版社で大規模自主規制?

表現規制ニュース














大規模自主規制対策に業界全体の「空気」を変えるべし!


7月1日(土)に施行された特定異性接客営業等の規制に関する条例。出版倫理懇話会(出倫懇)に加盟する出版社は所謂「JKビジネス規制条例」の余波で「JKビジネスを連想させる表現」の自主規制を決めた模様。具体的な例を言えば「制服モノ」はアウトになります。

大まかな流れはクジラックス氏の件に似ていて表向きは「自主規制」なので「表現の自由」に抵触するか否かではありません。現時点では「噂」の段階なので真相は分かりません。事実であれば鳥山仁氏の仰るように「平成の大弾圧」レベルの自主規制です。

JKビジネス規制条例は「18歳未満の青少年を保護する条例」です。しかし、正体は「各業界の自主規制を狙った表現弾圧条例」だったようです。表現規制反対クラスタの危惧していた通りの展開になりました。ここまで理不尽な表現弾圧はそうありません。

只、問題の根幹は各業界の「自主規制体質」にあります。アホ集団の出倫懇は別として「IPPA(知的財産振興協会)」まで自主規制強化の流れになったのは深刻な事態です。特に倫理団体に加盟する「商業系のAVメーカー」は常に公権力のチェックを警戒していて不必要に従順になる傾向にあります。一度強化された自主規制が緩和される事はほぼありません。

延々と続けてきた「土下座外交」のツケが一気に回ってきました。政治活動のイロハも学ばずにやるべき事をやらずに公権力に尻尾を振るだけでは当然の結果です。私は幾度となく警告してきました。自主規制は無条件降伏に過ぎません。特に「表現を大人しくさせる類の自主規制」は愚の骨頂です。

NGO-AMI~山田太郎氏まで最前線で表現規制に反対してきた人達の努力は無駄になるかもしれません。有効な対策は業界全体に「表現規制断固反対」「空気」を作る事です。表現規制の救世主になり得る活動家は川奈まり子氏(AVAN)辺りでしょうかね?。現時点で長年染み付いた体質を変えるのは不可能に近いでしょうけど少しでも空気を変えなければなりません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 自主規制