fc2ブログ

タグ:玉城デニー

記事一覧

【反対派窮地】米軍普天間基地の「辺野古移設」を巡る訴訟で「沖縄県」の「敗訴」確定!最高裁判所「是正指示」に適法判断!国側は「代執行」に踏み切る見通し?玉城デニー知事「新基地建設の断念を求める意思は変わらない」!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2023_09_25
※画像出典:毎日新聞
米軍普天間基地の名護市辺野古での軟弱地盤の改良工事に関する国側の「是正指示」の違法性を巡る訴訟。最高裁判所第1小法廷は取り消しを求めた沖縄県側の上告を棄却しました。これによって「福岡高等裁判所那覇支部」の判決は確定しました。移設計画の大きな焦点だった軟弱地盤の改良工事について最高裁判所は国側を支持した形です。


■普天間飛行場の辺野古移設巡る訴訟、沖縄県の敗訴確定…最高裁棄却で工事再開へ調整
https://www.yomiuri.co.jp/national/20230904-OYT1T50160/
読売新聞オンライン 2023/09/05 00:30


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、国が設計変更申請を承認するよう是正指示をしたことは違法だとして、沖縄県が指示の取り消しを求めた訴訟の上告審判決が4日、最高裁第1小法廷であった。岡正晶裁判長は「申請を承認しない県の対応は違法だ」として、県の請求を棄却した福岡高裁那覇支部の判決を支持し、上告を棄却。県の敗訴が確定した。

■辺野古訴訟、沖縄県の敗訴確定 設計変更の承認求める国の指示は適法
https://www.asahi.com/articles/ASR8034HRR8YUTIL01F.html
朝日新聞デジタル 遠藤隆史 2023年9月4日 15時03分(2023年9月4日 20時17分更新)


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、軟弱地盤の発覚に伴って防衛省が申請した設計変更を承認するよう国が県に「是正指示」を出したのは違法だと県が訴えた訴訟で、最高裁第一小法廷(岡正晶裁判長)は4日、県の上告を棄却する判決を言い渡した。裁判官5人全員一致の判断で、県の敗訴が確定した。

裁判官5人全員一致の判断!


2023年09月04日(月)。沖縄県宜野湾市の「米軍普天間基地」の名護市辺野古での軟弱地盤の改良工事に関して、工事を了承しない県の対応に対して国土交通相の行った「是正指示」の違法性を巡る訴訟、取り消しを求めた裁判の「上告審判決」「最高裁判所第1小法廷」の岡正晶裁判長は県側の上告を棄却しました。

今回の判決は裁判官5人全員一致の意見です。これによって、今年3月に県側の敗訴を言い渡された「福岡高等裁判所那覇支部の判決」は確定しました。移設計画の大きな焦点だった軟弱地盤の改良工事について最高裁判所で判断を示したのは初です。

事の経緯!


普天間基地の移設先である沖縄県名護市辺野古沖。防衛省沖縄防衛局は2020年4月に「区域全体」「7割」ほどを占める埋め立て予定地の北側海底に見つかった「軟弱地盤」を改良する為に、水深70メートルの海底に7万本以上の「杭」を打ち込むなどの追加工事を県に申請しました。

県側は2021年11月に「地盤の安定性の検討」の不十分を理由にこれを「不承認」にしました。これに対して、防衛省沖縄防衛局は「行政不服審査法」に基いて審査を請求、国土交通相は2022年4月に不承認処分を取り消す裁決を下した上で追加工事を承認するように是正指示を出しました。

苦境に立たされた玉城デニー知事!


沖縄県の玉城デニー知事は判決後の記者会見で「極めて残念だ」「今後の対応は検討する」と述べた上で「辺野古新基地建設の断念を求める意思は変わらない」とコメントしました。しかし、国相手の法廷闘争に敗れたことで同氏は非常に厳しい立場に追い込まれた形です。

Twitterの反応!








管理人後記!


今回の判決で、沖縄県は国側の「是正指示」に従って工事を承認する義務を負うことになりました。国土交通省によれば、是正指示は地方自治法に基くもので従わない場合は「国の権限」「承認」する「代執行」に向けた手続きまで可能になります。

国側は県に承認を勧告、従わない場合は承認を指示、いずれの場合でも承認までに「期限」を設けます。期限までに承認しない場合は、国側は高等裁判所に訴えを起せます。

裁判所で訴えを認められれば県に承認するように命令する判決を出します。高等裁判所の命令を受けて承認しない場合に限って「代執行」を行えます。

玉城デニー知事は承認しない姿勢を維持する見通しです。しかし、国側は代執行に向けた手続きに踏み切るのは確実で工事を阻止するのはほぼ不可能に近いです。

自治体のトップの立場で司法の最終判断に従わなければ批判を受ける可能性もあります。一方で、承認すれば「辺野古移設反対」を公約に掲げて当選しただけに支持基盤は大きく揺らぎかねません。県政運営にまで影響する恐れもあります。

個人的には基地反対派の立場です。客観的に見て「地盤調査の不十分」は明白でこの点は見過ごせません。これまでの日本政府の強引なやり方には憤りを感じます。

しかし、法的に反対派の「負け」は確定しました。ひろゆき氏のポスト(ツイート)は一般論で言えば「正論」です。辺野古移設に関して県内でできることはないに等しいので、東京都など全県を巻き込んだ国民的な議論に発展させる以外にありません。

一方で、近年、左派は著しく先鋭化しています。沖縄県の基地問題に限らず「憲法改正」「原発」「ジェンダー平等」などあらゆる物事に関して敵・味方の二元論で分断を招いています。これでは「未来」に繋がりません。実際に「若年層は米軍基地に肯定的」な傾向にあります。反対派は早急に戦い方を見直すべきです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【暴挙】行政不服審査法!安倍政権「米軍普天間飛行場」の「辺野古基地移設」で法的措置!防衛省「沖縄県」の「埋め立て承認撤回」に「効力停止」申し立て!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_10_26
■辺野古移設 政府が沖縄県に対抗措置
http://blogos.com/article/332595/
BLOGOS 小宮山洋子 2018年10月18日 19:16


政府は、昨日17日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡って、辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回した県への対抗措置として、行政不服審査法に基づいて国土交通相に審査を請求し、撤回の効力停止を申し立てました。

これまでで最多の得票で、沖縄県知事に玉城デニー氏が選ばれてから約半月での対抗措置に、知事も県民も怒っています。翁長前知事、玉城知事と2度にわたって、辺野古移設反対の意思が示されたのに、政府は、全く考えを改めようとしていません。

■国、対話要求を拒否 工事再開 前のめり 政府関係者「本気度示した」辺野古対抗措置
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-820167.html
琉球新報 2018年10月18日 05:30


米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を巡り、沖縄防衛局は17日、沖縄県の埋め立て承認撤回への対抗措置に踏み切った。約8万票差の圧勝で誕生した玉城デニー新知事が対話での解決を求めた矢先に、政府が法的手段に訴えたことにより、県側の反発は必至だ。県は引き続き協議を求める一方、法的な対抗策を検討する。国と県の対立は法廷闘争の一歩手前まで来た。辺野古新基地建設問題は再び重大な局面を迎える。

「やむを得ずやらざるを得ない措置だということだ」

17日午前10時前、登庁時に法的措置について問われた岩屋毅防衛相はそう答えた。同日午後に対抗措置を申し立てる予定であることが既に報じられており、岩屋氏は「最終調整中だ」と付け加え、エレベーターに乗り込んだ。その約3時間半後、報道陣が待ち構える国交省水管理・国土保全局水政課を防衛省の職員が訪れ、段ボール箱に入った申立書を提出した。

Twitterの反応!







政府関係者「あえて地元の事情に配慮せず対抗措置を取る事で政府の本気度を示した」!


安倍政権は沖縄県宜野湾市「米軍普天間飛行場」の名護市辺野古移設を巡って「辺野古沿岸部の埋め立て承認」「撤回」した同県に対抗措置として10月17日(水)付で「行政不服審査法」に基いて「国土交通相」に審査を請求して「撤回の効力停止」を申し立てました。玉城デニー沖縄県知事は「対話」による解決を求めたものの安倍政権は非人道的で強権的な手段に打って出たようです。

これは玉城デニー氏と安倍晋三の会談より5日後の出来事で安倍政権による全面的な対抗措置に「県」及び「市民」の間では怒りの声が上がっています。政府関係者は「あえて地元の事情に配慮せず対抗措置を取る事で政府の本気度を示した」と述べました。菅義偉官房長官は翁長雄志前知事の県民葬で「県民の気持ちに寄り添う」とした安倍晋三のメッセージを代読したものの正反対の暴挙に及んだのです。

行政不服審査法は「行政庁の処分その他公権力の行使にあたる行為に関する国民の不服申し立て」について規定する法律です。沖縄防衛局は「一般国民」を装って「審査請求」及び「執行停止」の申し立てをしました。国土交通相自身で「審査庁」を担って県の埋め立て承認撤回の効力を失わせるのは「自作自演」「出来レース」です。立法事実・保護法益を捻じ曲げた安倍政権に「法治国家」の代表たる資格はありません。

防衛省=安倍政権は沖縄県の行為を「工事の妨害」と見做したようで改めて法的処置を行使する事で辺野古基地の建設工事を推進する狙いがあります。尚、同様の手段は2015年10月に翁長雄志前知事が埋め立て承認を取り消した際に対抗手段として使われています。当時、日本政府に対する批判は相次いで行政法の研究者達は連名で「制度の乱用であり実に不公平だ」とする声明を発表しています。個人的に「民意」という言葉を盾にするのは危険だと思いますけど反対派の民意を踏み躙っている事は純然たる事実です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【新時代沖縄】沖縄県知事選挙!玉城デニー氏当選確実!故・翁長雄志前知事の路線を継承!安倍政権に痛打?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_09_30
■新知事に玉城デニー氏が当確 辺野古反対に支持 承認撤回、翁長氏を継承
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-810924.html
琉球新報 2018年9月30日 21:35


翁長雄志知事の死去に伴う第13回沖縄県知事選挙は30日、投票が行われた。即日開票の結果、県政与党が推す無所属新人で前衆院議員の玉城デニー氏(58)が、政府与党が推す無所属新人で前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=を破って初当選を果たした。

最大の争点だった米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について玉城氏は反対を公約に掲げ、翁長知事が指示した辺野古埋め立て承認の撤回を支持している。知事選で県民は辺野古移設反対の民意を改めて示す結果となった。辺野古新基地建設を強行してきた政府の今後の対応が注目される。

■当選の玉城氏、無党派や女性が支持 沖縄知事選出口調査
https://www.asahi.com/articles/ASL9Z6QGYL9ZUZPS009.html
朝日新聞デジタル 2018年9月30日 20時23分


米軍普天間飛行場の辺野古移設反対を掲げた玉城デニー氏は、無党派層や女性からの多くの支持を得て、移設実現をめざす安倍政権が支援した佐喜真淳氏を引き離した。調査は県内83投票所で実施。支持政党別の投票先では、無党派層の7割が玉城氏に投票。立憲、共産、社民の各支持層のほとんどが玉城氏に入れていた。

Twitterの反応!







勝因は創価学会員の良心?


本日9月30日(日)に投開票の沖縄県知事選挙は前自由党議員で無所属の玉城デニー氏が当選確実となりました。所謂「ゼロ打ち」だったようです。対抗馬の佐喜真淳氏は「自民党」「公明党」「日本維新の会」「希望の党」の推薦を受けて「組織力」「広報力」「物量」で玉城陣営を上回ったものの「公約」の不誠実さはマイナスになった模様。結果的に死去した翁長雄志前知事の路線を継承した玉城デニー氏に支持が集まった形です。

今回は「台風24号」の影響で選挙結果が変わる可能性もあったものの最終的に玉城デニー氏優勢のまま終わりました。推薦した「立憲民主党」「国民民主党」「日本共産党」「社民党」「自由党」の各支持層はほぼ同氏に投票。また「無党派層」及び「女性層」の約7割を取り込みました。一方で、佐喜真淳氏は自民党支持層で約8割、公明党支持層で約7割に留まっています。一定数は玉城デニー氏の票を投じました。特に「創価学会員」の造反は大きく影響したようです。

これで翁長雄志前知事の方針だった沖縄県の「辺野古基地反対路線」は継続です。玉城デニー氏は「茨の道」を進む事になります。公約の実現には県民の後押しが必要です。また、沖縄県は元々反自民党色の強い都道府県の代表格です。玉城デニー氏の当選=野党に追い風ではないものの安倍政権の暴走に歯止めをかける「切っ掛け」になる可能性はあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 玉城デニー