fc2ブログ

タグ:江東区長

記事一覧

【東京地方裁判所】東京都江東区長選挙を巡る公職選挙法違反!柿沢未途前法務副大臣に「懲役2年」「執行猶予5年」の有罪判決!木村弥生前区長は初公判で「起訴内容」を全面的に認める!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_03_20
※画像出典:TBS NEWS DIG
東京都江東区長選挙を巡る公職選挙法違反の罪に問われた柿沢未途前法務副大臣。東京地方裁判所は「懲役2年」「執行猶予5年」の有罪判決を言い渡しました。また、同様の罪に問われた木村弥生前区長は初公判で起訴内容を全面的に認めました。一方で、柿沢未途前法務副大臣は被告人質問で「(答えは)差し控えます」を繰り返して事件の詳細を法廷で説明することは避けています。


■元衆院議員柿沢被告に有罪判決 江東区長選で買収、東京地裁
https://nordot.app/1140812746923606595?c=39550187727945729
共同通信 2024/03/14


東京都江東区長選を巡り区議ら10人に計約280万円の供与や申し込みをしたとして、公選法違反(買収など)の罪に問われた前法務副大臣の元衆院議員柿沢未途被告(53)に東京地裁(向井香津子裁判長)は14日、懲役2年、執行猶予5年の判決を言い渡した。求刑は懲役2年。

■有罪判決に身じろぎせず 柿沢被告、深々と一礼
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024031400483&g=soc
時事ドットコム 2024年03月14日11時16分 配信


「被告人を懲役2年に処する。5年間、その刑の執行を猶予する」。有罪が言い渡されると再度、裁判長に向かって深々と一礼し、着席。その後は前方を真っすぐ見つめ、手にしたノートにメモを取ることなく、判決理由に聞き入った。

柿沢未途被告「期待を大きく裏切ってしまった」「万死に値する」!


2024年03月14日(木)。昨年4月に行われた東京都江東区長選挙を巡る「公職選挙法違反」で、東京地方裁判所は同法違反の「買収」などの罪に問われた前衆議院議員の柿沢未途被告に「選挙の公正という民主主義の根幹への信頼を揺るがす悪質な犯行」として懲役2年、執行猶予5年(求刑懲役2年)の「有罪判決」を言い渡しました。

向井香津子裁判長は判決理由で一連の買収罪を認定しました。動機に関しては「党内での立場や影響力を強める為」と指摘、その上で「買収の為に投じた金額は多額で選挙の公正を害した程度は大きい」と述べました。

これまでの裁判で検察側は「柿沢被告が自ら買収の実行を決断して金額を決めるなど犯行を主導的に計画・準備した」と指摘しました。柿沢未途被告は「政治家が天職だと考えていたが、期待を大きく裏切ってしまった」「万死に値する」と反省の弁を述べています。

木村弥生被告「悔やんでも悔やみきれない」!


2024年03月18日(月)。同様の罪に問われた前江東区長の木村弥生被告。東京地方裁判所の初公判で「起訴内容」を全面的に認めました。起訴内容によれば、昨年6月頃に選挙運動の報酬で元区議に現金100万円を供与、YouTubeで自身に投票を呼び掛ける広告を約37万円で掲載した疑いです。

元区議の事後買収については「生活費のつもりで支払ったが、選挙運動のお礼の気持ちも含まれていた」と述べました。また「自分が大切にしてきた政治姿勢を自ら否定することになり、悔やんでも悔やみきれない」と謝罪しました。今後選挙への出馬を否定。事実上の政界引退です。

事の経緯!


事の発端は2023年4月の江東区長選挙を巡る「有料インターネット広告を巡る公職選挙法違反事件」です。

保守分裂の構図になった江東区長選挙。柿沢未途氏は元衆議院議員の木村弥生氏の陣営に対して「YouTubeの有料広告」を勧めた際に、撮影場所として議員会館の地下会議室を手配しました。

木村弥生氏の出馬表明以降、2023年1月~2023年4月に掛けて、陣営のスタッフ13人に対して「総額91万500円」の報酬を支払いました。これに関して、柿沢未途氏は「政治活動への支払いだ」と違法性を否定しています。

一方で、木村弥生氏は選挙期間中に柿沢未途被告のアイデアを実行、自民党推薦の山﨑一輝氏等を破って初当選を果たしました。

公職選挙法ではボランティアでやるべき運動に報酬を支払った場合、買収行為に抵触します。車上運動員などは選挙管理委員会に届け出れば法定の報酬を受け取れます。前述の13人の中には木村弥生陣営に届出していない人も含まれます。

2023年10月26日(木)。東京地検特捜部はYouTubeの有料広告を巡って木村弥生氏の関係先を捜索。これを受けて、同氏は区長を辞職する意向を表明しました。

2023年12月28日(木)。東京地検特捜部は「公職選挙法違反(買収)」などの疑いで柿沢未途、政策秘書、公設第一秘書、私設秘書2名の計5名を逮捕しました。

2024年01月17日(水)。東京地検特捜部は公職選挙法違反(買収)で東京地方裁判所に起訴されました。木村弥生氏は在宅起訴。被買収対象になった3名の江東区議と前江東区議1名は在宅起訴。柿沢未途被告の政策担当秘書と私設秘書は略式起訴、東京簡易裁判所は2人に罰金50万円の略式命令を出しました。

東京地方裁判所は弁護人によって出されていた柿沢未途被告の保釈申請を認める決定を出しました。保釈保証金は600万円で即日納付。東京拘置所を保釈されました。

2024年02月01日(木)。柿沢未途被告は衆議院に議員辞職願を提出。同日午後の衆議院本会議で辞職は許可されています。

管理人後記!


柿沢未途被告は今年2月に東京地方裁判所で開かれた初公判で「私の責任は重く争いません」と起訴内容を全面的に認めました。尚、公判は審理を迅速に進める「百日裁判」で行われています。

一方で、、起訴内容は潔く認めたものの被告人質問では「(答えは)差し控えます」を50回以上繰り返しました。一体何を守ろうとしているのか?。事件の詳細を法廷で説明することは避けた形です。

同氏は現時点で争う姿勢を見せていません。今回の判決確定で公職選挙法の規定によって執行猶予の期間中(5年間)は「公民権」を停止されます。

柿沢未途氏(53歳)は江東区選挙区選出。当選回数5回。第2次岸田第2次改造内閣で法務副大臣に就任。一連の事件で自民党に議員辞職願を提出・受理されています。これによって衆議院を解散しない限りは今年4月に補欠選挙を実施します。

木村弥生前区長辞職の発端になったのは陣営の掲載した「インターネット有料広告」です。公職選挙法の関連規定は非常に複雑で、与野党は改善を求めています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 江東区長