fc2ブログ

タグ:森喜朗

記事一覧

【森喜朗黒幕説】新証言の信憑性は?安倍派幹部の一部「キックバック(還流)再開の判断には森元総理大臣が関与していた」!自民党は水面下での事情聴取で「関与なし」と認定!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_03_30
※画像出典:日テレNEWS NNN
派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件。岸田文雄首相の行った追加の事情聴取で安倍派幹部の一部は「キックバック(還流)再開の判断には森元総理大臣が関与していた」と証言していた模様。一方で、自民党は森喜朗氏に水面下で事情聴取を行った結果「関与なし」と認定しました。新証言の信憑性は?。国会招致を含めて今後の動向に要注目です。

■【独自】安倍派幹部の一部「キックバック再開判断に森元首相関与」新証言
https://news.ntv.co.jp/category/politics/c4b0f45d12634cb399e55b8d9c03d5e3
日テレNEWS NNN 2024年3月27日 18:57


岸田総理大臣から事情聴取を受けた安倍派幹部の一部が「キックバック再開の判断には森元総理大臣が関与していた」と新たな証言をしたことが分かりました。

岸田総理による追加の事情聴取は26日、27日と2日間にわたって行われ安倍派幹部の塩谷立氏、下村博文氏、西村康稔氏、世耕弘成氏の4人が聴取を受けました。

■安倍派キックバック再開に“新証言”なぜいま?
https://news.ntv.co.jp/category/politics/8f74ed80b54e432ca07ef2e8a9a1ddd5
日テレNEWS NNN 2024年3月28日 18:42


来年度予算案をめぐる審議が大詰めを迎えています。本来は、この時間に予算は成立し、岸田首相の記者会見が始まるはずだったのですが予定が狂っています。何が起きているんでしょうか?

安倍派のキックバック再開をめぐる経緯についてこれまで新事実が「ないない」と言われてきた中ここにきて「新証言」が出てきたことなどが原因です。野党側は「今さら何なんだ」と猛反発しています。

その新証言とは岸田総理自らが乗り出した聴取で安倍派幹部の一部が「再開の判断に森元総理が関与していた」というものです。

このニュースについて!


2024年03月27日(水)。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件。岸田文雄首相自身で行った追加の事情聴取で安倍派幹部の一部は「(安倍晋三元首相亡き後で)キックバック(還流)再開の判断には森元総理大臣が関与していた」と新たな証言をしました。第一報は「日本テレビ」です。

追加の事情聴取に応じたのは安倍派幹部は、座長を務めた塩谷立氏、下村博文元文部科学相、西村康稔前経済産業相、世耕弘成前参議院幹事長の4名です。前述の発言をした人物は現時点で不明です。

同日の参議院予算委員会。岸田文雄首相は来週以降、関係議員に対して事情聴取を続ける意向を示したことを受けて、野党は森喜朗元首相への聴取を要求しました。立憲民主党の杉尾秀哉氏は「あらゆるものが森元首相から(還流が)始まったことを示している」「聞かなきゃダメですよ」と攻勢を強めています。

2024年03月28日(木)。参議院予算委員会。岸田文雄首相は裏金還流事件を受けた森喜朗元首相について「関係者の一人であり、政治責任を明らかにするために必要な方ということで含まれ得る」と聴取の可能性に言及しました。

2024年03月29日(金)。自民党は「清和政策研究会で会長経験者の森喜朗元首相に水面下で事情聴取」を行っていました。キックバック(還流)を始めた経緯や2022年に復活した状況について尋ねた結果「関与なし」と認定した模様。追加聴取は現時点で想定しておらず野党は反発しています。

X(旧Twitter)の反応!







管理人後記!


シンプルに「清和政策研究会」の歴史を見ればキーパーソンは森喜朗氏でほぼ確定しています。安倍派で座長を務めた塩谷立氏は衆議院政治倫理審査会で、同派の政治資金パーティー収入のキックバック(還流)について「明確な経緯は承知していない」と前置きした上で「20数年前から始まったのではないかと思う」と述べました。

安倍晋三氏の会長就任は2021年11月です。逆算すれば20数年前に会長を務めていたのは森喜朗氏です。安倍晋三氏、細田博之氏、町村信孝氏は既に故人、キックバック(還流)の再開について口を出せるのは森喜朗氏だけです。

森喜朗氏の関与に関して言及されたのは初です。森喜朗氏は政界を引退した現在でも自民党内に絶大な影響力を持っていて「各派閥の意思決定」に大きく関与していました。政府・与党の対応の遅さはこれを裏付けています。それだけに「森喜朗黒幕説」は納得できるものです。

一方で、森喜朗氏は既に「民間人」です。森友学園事件では民間人の籠池泰典氏を国会に招致したので制度上は可能です。しかし、民間人を国会に引き摺り出すには相応の「証拠」を揃えなければなりません。また、

・森喜朗氏の関与を仄めかした安倍派幹部の一部は誰?
・何故このタイミングで新たな証言をした?
・第一報を報じた「日本テレビ」の情報源(リーク元)は?


など新証言の信憑性に疑問は残ります。いずれにしても岸田文雄氏を辞めさせた所で解決は不可能です。真相究明を望むのであれば「森喜朗氏を国会に引き摺り出せるだけの証拠」を揃える以外にないのです。特に「立憲民主党」の攻め方は単調なのでこのままではなあなあで終ってしまいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【無責任】新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で延期!新たな開催日程に波紋!東京五輪・パラリンピックは「2021年7月23日(金)開幕」で合意!

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2020_04_03

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて延期となった「東京五輪・パラリンピック」を巡る「新たな開催日程」及び「大会組織委員会理事の汚職疑惑」について纏めました。開催ゴリ押しは確実です。2度目の延期はあり得ません。国威発揚の大イベント+未知の感染症で「国民の命」は更なる危険に晒されています。

大会ファーストの新たな日程発表に米国紙批判!


■東京オリンピック、21年7月23日開幕 組織委と都が決定
https://mainichi.jp/articles/20200330/k00/00m/050/164000c
毎日新聞 2020年3月30日 18時39分(最終更新3月30日18時45分)


新型コロナウイルスの感染拡大で開催が延期された東京オリンピック・パラリンピックについて、大会組織委員会や東京都は五輪の新日程を来年7月23日開幕と決めた。30日に国際オリンピック委員会(IOC)と協議する。【竹内良和】

■東京五輪、21年7月23日~8月8日開催へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57407700Q0A330C2MM8000/
日本経済新聞 Tokyo2020 2020/3/30 18:25 (2020/3/31 2:15更新)


一部の国際競技団体からは暑さ対策などの観点で春開催とする案も出ていたが、森会長は電話会議後の記者会見で「新型コロナなどの状況を勘案すると1年延期の夏開催が望ましい。台風や暑さは20年開催でも想定されたこと」と説明した。

小池氏は「アスリートや観客にとって安心、安全な大会にするために改めて準備を進めたい。まずは新型コロナウイルスに打ち勝たないといけない」と述べた。五輪のマラソン・競歩については札幌市で開催されるとの見通しを示した。

組織委は、約8万人の大会ボランティアについて全員を継続採用する方針を明らかにしている。新日程では都合がつかない人が多い場合、再募集などの対応も検討する。既に販売済みのチケットは原則としてそのまま利用可能とし、開催日程の変更によって来場できない人には払い戻しなどの対応をする方針だ。

東京五輪・パラリンピックは「中止」の公算大?


2020年3月30日(月)。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて東京五輪・パラリンピックは日本時間3月24日(火)に延期を正式決定、新たな開催日程について「国際オリンピック委員会(IOC)」「日本政府」「東京都」「大会組織委員会」は、2021年7月23日(金)~8月8日(日)にする事で合意しました。パラリンピックは同年8月24日(火)~9月5日(日)です。

IOCのトーマス・バッハ会長、大会組織委員会の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事、橋本聖子五輪相らの電話会議で合意に至りました。直後に行われたIOCの「臨時理事会」で正式に承認されています。ほぼ丸1年の延期で確定です。

五輪を巡っては過去に「第1次世界大戦」及び「第2次世界大戦」の影響で数回「中止」になったケースはあります。しかし「感染症」の流行を理由に中止にした例はありません。ある意味で歴史的な決定です。世界中のメディアは速報でこれを伝えています。


■【国際】「無神経の極み」と批判 五輪日程発表で米紙
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020033101001470.html
東京新聞(TOKYO Web) 2020年3月31日 08時51分


【ニューヨーク共同】30日の米紙USAトゥデー(電子版)は、東京五輪の新たな大会日程が発表されたことについて「無神経の極みだ」と国際オリンピック委員会(IOC)を批判した。

同紙の運動担当コラムニストは「世界中が疫病と死と絶望に包まれている時に、なぜ日程を発表する必要があるのか」と指摘。「せめて暗いトンネルを抜けて光が見える時まで待てなかったのか」と述べ、新型コロナウイルス感染の状況改善を待つべきだったとした。

さらに来年7月に感染が終息している保証はないとして、発表が拙速だったと主張した。

■五輪、来夏は大丈夫? 森会長「神頼みのところあるが」
https://www.asahi.com/articles/ASN303H0QN3ZUTQP01D.html
朝日新聞デジタル 吉永岳央、ロンドン=遠田寛生 2020年3月31日 13時30分


来年7月23日に開幕することが決まった東京オリンピック(五輪)。だが新型コロナウイルスが来夏まで収束せず、五輪を開けなかったらどうするのか。「様子を見て、また変更ってこともあるんじゃないか」。「2年延期」論を唱えていた電通出身の高橋治之・大会組織委員会理事は30日、報道陣に語った。一方、ある国際競技団体の幹部は「来夏だめだったら、再来年とはならないと思う。中止、という流れになる」との見立てを示す。

競技団体のなかには、収束が見通せないことから、「来秋を視野に入れておくべきだ」との主張もあった。組織委の森会長はこの日、「(安倍)総理が言ったように、東京五輪を成功させることが、大変な事態を突破することの証しになりたい」と語ったうえで、「神頼みみたいなところはあるが、そうした気持ちが必ず通じていくと思う」と語った。

馬鹿げた精神論に乗せられるべからず!


米国紙の「USAトゥデイ」は東京五輪・パラリンピックの新たな開催日程について「無神経の極み」とIOC及び日本政府を痛烈に批判しました。根拠なき日程はアスリートファーストではなく「大会ファースト」になっている感は否めません。

また、大会組織委員会の森喜朗会長は「総理の言ったように東京五輪を成功させる事が大変な事態を突破する事の証しになりたい」と述べた上で「神頼みみたいな処はあるがそうした気持ちが必ず通じていくと思う」とコメントしました。総理大臣時代に「日本は神の国」と発言した人の頭の中はまったく変わっていません。馬鹿げた精神論に国民を巻き込む事に憤りを感じます。

五輪延期で「国民の命」は更に危険に!


安倍晋三は「人類が新型コロナウイルス感染症に打ち勝った証として完全な形で東京五輪・パラリンピックを開催する」と具体的な補償には一切言及しない中で唯一具体的な目標を掲げています。東京五輪・パラリンピックの巨大利権に「政界」「財界」「マスコミ」は付き従ってきました。五輪は安倍政権の生命線。中止は絶対に避ける筈です。

五輪は良くも悪くも国威発揚の場です。巨大利権に絡む人達は新型コロナウイルスより東京五輪・パラリンピックの開催を優先します。こうした政治感覚は国内外にギャップを生んでいます。無症状者・軽症者を完全野放しにして「やってる感」の自粛と一斉休校だけに力を入れている日本で感染拡大阻止は不可能です。

東京五輪・パラリンピックの開催(再開)は「新型コロナウイルスの終息」を前提条件にしています。約1年で事態を収めなければ「中止」はほぼ確実です。2度目の「延期」はあり得ません。期限を切られた事で逆に危険度は高まりました。国の威信を優先して「終息した事」にされるのだけは阻止しなければなりません。


■東京五輪招致で組織委理事に約9億円 汚職疑惑の人物にロビー活動も
https://jp.reuters.com/article/olympics-2020-lobbying-idJPKBN21I0RP
ロイター Antoni Slodkowski Nathan Layne 斎藤真理 宮崎亜巳 2020年3月31日


[東京/パリ 31日 ロイター] - 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、来年7月23日への開催延期という異例の決定が下った東京五輪。招致が決まってからおよそ7年を経た現在も、東京選定のプロセスをめぐってはフランス検察当局による汚職疑惑の捜査が続いている。投票確保の舞台裏でどのような動きがあったのか。ロイターでは招致活動に使われた銀行口座の記録や関係者への取材を通じ、その実情を探った。

フランス検察当局の捜査に期待!


2020年3月31日(火)。東京五輪・パラリンピックの招致に関連して大会組織委員会の理事で元電通専務の高橋治之氏に汚職疑惑。同氏は招致委員会を経由して凡そ「820万ドル(約8億9000万円)」を授受。IOC委員らへの接待や物品供与などに費やしていました。ロイター通信は送金を裏付ける銀行口座記録の存在を報じています。

ロイター通信の取材に対して、高橋治之氏は金を受け取った事は認めたものの「使途」については「明らかにする義務はない」とした上で「いつか死ぬ前に話してやる」と述べたそうです。

また、世界陸連前会長でIOC委員だったラミン・ディアク氏に腕時計やデジタルカメラを贈った事などは認めた上で賄賂など不正については「真実ではない」「まるで嘘」と真っ向否定しました。招致決定後7年を経た現在も東京都選定のプロセスを巡ってフランス検察当局は捜査を継続しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【本末転倒】東京五輪・パラリンピック!安倍晋三「猛暑対策」に「サマータイム(夏時間)」の導入検討を指示!自民党「議員立法」で法案提出を目指す方針?

政治・経済・時事問題
constitutionalism_2018_08_08
■自民が夏時間検討へ=安倍首相指示、政府なお慎重論-東京五輪の猛暑対策
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080700420&g=pol
時事ドットコム 2018/08/07-17:39


自民党は2020年東京五輪・パラリンピックの猛暑対策として、時計の針を早めるサマータイム(夏時間)導入の検討に入る。安倍晋三首相(党総裁)の指示を受けたもので、早ければ秋に予定される臨時国会に関連法案を提出し、19年の試験実施を目指す。ただ、政府には慎重論が強く、政府・与党内の調整は難航しそうだ。

■【東京五輪】酷暑対策でサマータイム導入へ 秋の臨時国会で議員立法 31、32年限定
http://www.sankei.com/politics/news/180806/plt1808060002-n1.html
産経新聞 2018.8.6 05:00


政府・与党は、平成32(2020)年の東京五輪・パラリンピックの酷暑対策として、夏の時間を2時間繰り上げるサマータイム(夏時間)導入に向け、本格検討に入った。与党はお盆明けにも制度設計に入り、秋の臨時国会への議員立法提出を目指す。平成31、32両年の限定導入となる公算が大きい。複数の政府・与党関係者が明らかにした。

Twitterの反応!







甚大な「健康被害」を齎す愚策!


安倍晋三は所謂「サマータイム(夏時間)」の導入について具体的な法案の作成・準備を自民党に指示した模様。8月7日(火)に2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗と会談した同氏は大会期間中の猛暑対策の切り札として前述の提案をしました。同席した組織委員会会長代行の遠藤利明は記者会見で「内閣として考えるが党で先行して議論してほしい」と述べて前向きに検討している事に言及しています。

自民党内は早ければ今秋の臨時国会に法案を提出する方針です。現在の方針は2020年前後に限定して1時間~2時間程のサマータイムを導入する流れになっています。エネルギー節約や経済効果などを期待される一方で「航空・鉄道ダイヤの変更」「残業時間の増加」「コンピューターシステムの変更」「体内時計の乱れによる不調」など深刻なデメリットを指摘する声もあります。

準備期間は2年弱。菅義偉官房長官は「国民の日常生活に影響を生じ大会までの期間は限られている」と否定的な見解を出しました。現時点で政府・与野党は纏まっていません。尚、フィンランドでは今年1月に廃止を求める7万人の署名を収集、同年2月の欧州委員会に廃止を求める提案がされています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

    パンくずリスト
  • ホーム
  • »
  • 森喜朗