fc2ブログ
記事一覧

【野党全勝?】衆議院補欠選挙「3選挙区」で告示!東京15区は大混戦!自民党は2選挙区で「不戦敗」を選択!島根1区の結果次第で「岸田降ろし」は不可避?

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_04_18
※画像出典:時事ドットコム
衆議院補欠選挙は「3選挙区」で告示されました。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて逆風は凄まじく自民党は既に2選挙区で「不戦敗」を選択しました。保守王国と呼ばれる「島根1区」の結果次第で「岸田降ろし」は不可避の情勢です。


■衆院3補選が告示 裏金事件後初、政権運営左右
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024041600122&g=pol
時事ドットコム 時事通信 編集局 2024年04月16日 11時25分 配信


衆院東京15区、島根1区、長崎3区の補欠選挙が16日、告示された。自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた初の国政選挙で、「政治とカネ」を最大の争点に、12日間の選挙戦の火ぶたが切られた。2選挙区で自民の不戦敗が確定した異例の補選の結果は、衆院解散戦略を含め、岸田文雄首相(自民総裁)の今後の政権運営を左右しそうだ。投開票は28日。

裏金還流事件以降で初の国政選挙!


2024年04月16日(火)。東京15区、長崎3区、島根1区の「衆議院補欠選挙」は同日告示されました。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件以降で初の国政選挙です。自民党への逆風は凄まじく既に2選挙区で「不戦敗」に追い込まれました。投開票は4月28日(日)です。

東京15区!


公選法違反事件で有罪確定した柿沢未途前衆議院議員(自民党離党済)の辞職に伴う補欠選挙。裏金還流事件を受けて「自公両党は公認候補や推薦を出せず事実上の『不戦敗』を選択」しました。新人や元職ら9人による野党乱立の大混戦です。立候補者は以下の通りです。

・立憲民主党の新人で元江東区議の酒井菜摘氏(37歳)
・日本維新の会の新人で元江崎グリコ社員の金沢結衣氏(33歳)
・無所属新人でファーストの会副代表の乙武洋匡氏(48歳)
・参政党の新人で看護師の吉川里奈氏(36歳)
・諸派「日本保守党」新人で麗澤大学客員教授の飯山陽氏(48歳)
・諸派「NHKから国民を守る党」新人で弁護士の福永活也氏(43歳)
・諸派「つばさの党」新人でIT会社経営の根本良輔氏(29歳)
・無所属新人で元総合格闘家の須藤元気氏(46歳)
・無所属元職で元環境副大臣の秋元司氏(52歳)


日本共産党と社民党は立候補を見送って酒井菜摘氏を支援。金沢結衣氏は「教育無償化を実現する会」の推薦。乙武洋匡氏は「国民民主党」「ファーストの会」の推薦。実質的のこの3人による争いになります。現時点では酒井菜摘氏の優勢です。

これまでの動向を見る限りでは「公明党=創価学会の票」は乙武洋匡氏に流れる筈なので「酒井菜摘VS乙武洋匡」に絞られそうです。

台風の目になり得るのは小説家・百田尚樹氏の呼び掛けで昨年9月に結成された政治団体「日本保守党」飯山陽氏です。一部の情勢調査で急激に支持を伸ばしていて「不戦敗を選択した自民党の保守票(ライト層を含めて)次第」で当選の可能性はあります。

長崎3区!


政治資金規正法違反(虚偽記載)で略式起訴された自民党の谷川弥一元衆議院議員の離党⇒辞職に伴う補欠選挙。自公両党は公認候補の擁立を見送りました。立憲民主党VS日本維新の会の野党候補同士の対決です。政治とカネの問題などを巡って激戦になる見通しです。立候補者は以下の2人です。

・立憲民主党前職の山田勝彦氏(44歳)
・日本維新の会の新人で学習塾経営の井上翔一朗氏(40歳)


前者は社民党の推薦。後者は教育無償化を実現する会の推薦。告示前情勢調査でリードしていたのは山田勝彦氏です。たぶんおそらく立憲民主党の勝利になる筈です。只、東京15区と同じく自公両党の支持層や5割程度の「無党派層」の行方次第で結果は変ります。

島根1区!


体調不良を理由に辞職。2023年11月に死去した細田博之氏の選挙区で「保守王国」と呼ばれています。3選挙区で唯一の与野党対決です。立候補者は以下の2人です。

・自民党の新人で元中国財務局長の錦織功政氏(55歳)
・立憲民主党の元議員で亀井亜紀子氏(58歳)


錦織功政氏は初めての立候補で「公明党」の推薦。岸田文雄首相は島根入りに関して「調整中だ」とコメントしました。日本共産党などは公認候補を立てず亀井亜紀子氏は事実上の「野党統一候補」です。

小渕優子選挙対策委員長は「おわび行脚」を行っているものの陣営幹部は「党の名前を出してもプラスにならない」と危機感を募らせました。組織票固めに注力しているようです。

管理人後記!


自民党は既に2選挙区で不戦敗に追い込まれました。保守王国と呼ばれる「島根1区」の結果次第で「岸田降ろし」は不可避の情勢です。只、政権交代を考えれば岸田政権のまま解散に追い込むべきです。この辺りは野党支持者の間で判断は割れそうです。

来たるべき衆議院解散総選挙の前哨戦で要注目です。最大の争点は「政治とカネ」です。しかし、有権者の関心はそれだけではありません。目の前の「暮らし」を本気で考えてくれる政党は何処なのか?。特に立憲野党(立共社れ)はこれを忘れては本当の意味で政権交代は不可能です。

保守の皮を被った米国従属のグローバル路線で大増税に突き進む政府・与党。第2自民党を公言する日本維新の会。国民民主党、教育無償化を実現する会、ファーストの会は日本維新の会と概似たような路線です。経済政策で見れば国民民主党は評価できるものの小政党に過ぎません。これでは「国民の生活」は一向に好転しないです。

一方で「フェミナチ政党」と化した立憲野党(立共社れ)では政権交代した所で今以上に生活を良くしてくれる可能性はゼロに近いです。

第4波フェミニズムは自分達の認めた生き方・価値観「以外」を一切認めません。セックスワーカーを「男性を悦ばす名誉男性」と見做して迫害するなど男性だけでなく「女性」「べき論」を押し付ける左派の純潔主義者です。立憲野党は彼等の御用政党になっています。

第4波フェミニズムは暇空茜氏(@himasoraakane)の名付けた「ナニカグループ」と呼ばれる存在と関係しています。陰謀論のように扱われているものの中身は「弱者ビジネス」に群るNPO法人や一般社団法人の「シノギ」で令和版の「同和利権」です。構造的には「モリカケサクラ」と同じです。

ナニカグループは与野党の政策決定に多大な影響力を持っていて「立法府」「行政府」「法曹界」にまで深く入り込んでいます。

・改正刑法(不同意性交等罪)(性交同意年齢の引き上げ)(撮影罪)
・AV新法
・困難女性支援法
・LGBT理解増進法
・ホスト新法(仮)
・日本版DBS制度
・表現規制


など法治主義・立憲主義を否定して日本を「人治主義」「情治主義」に向わせる「悪法」にはほぼ確実に関っています。

自民党は支持できません。日本維新の会は第2自民党。立憲野党はそれ以上に狂っています。候補者は慎重に選ばなければなりません。政治とカネで思考停止して安易に野党に議席を渡すのは非常に危険です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【茶番】政治資金パーティーを巡る裏金還流事件!森喜朗元首相に「電話」で聞き取り調査?岸田文雄首相「具体的な関与は確認できなかった」!森喜朗黒幕説への疑念は更に深まる!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_04_13
※画像出典:ARAB NEWS
派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件。岸田文雄首相は安倍派の元会長だった森喜朗元首相に「電話」で事情聴取したことを明らかにしました。翌日の衆議院内閣委員会では「具体的な関与は確認できなかった」と同氏の関与について重ねて否定しました。森喜朗黒幕説への疑念は日に日に深まっています。

■岸田首相、森元首相関与を重ねて否定 裏金事件、立民は衆院解散要求
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024040500120&g=pol
時事ドットコム 2024年04月05日 12時40分 配信


岸田文雄首相(自民党総裁)は5日の衆院内閣委員会で、派閥裏金事件を巡る森喜朗元首相への聞き取りを今週に入って自ら行ったと明らかにした上で、「(裏金づくりへの)具体的な森氏の関与を確認することは何もなかった」と改めて強調した。立憲民主党の山岸一生氏への答弁。

■森氏の関与「確認されず」岸田首相が電話聴取―自民派閥裏金事件
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024040400942&g=pol
時事ドットコム 2024年04月04日 20時51分 配信


岸田文雄首相(自民党総裁)は4日、派閥裏金事件を巡り、清和政策研究会(安倍派)で会長を務めた森喜朗元首相から電話で事情を聴取したことを明らかにした。首相官邸で記者団に「私が直接電話をかけ、事情を聞いた」と述べた上で「(森氏の)具体的な関与は確認できていない」と語った。

このニュースについて!


2024年04月04日(木)。岸田文雄首相は派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件に関して「清和政策研究会(安倍派)」の元会長の森喜朗元首相に「電話」で事情を聴いたことを明らかにしました。キックバック(還流)への同氏の関与について「そうした事実は確認をされなかった」と述べました。首相官邸で記者団の質問に答えたそうです。

2024年04月05日(金)。衆議院内閣委員会。安倍派に影響力を持っている森喜朗元首相の聞き取り調査について「今週初頭の段階で電話で連絡を取った」「(裏金作りへの)具体的な関与は確認できなかった」と述べました。森喜朗元首相の関与について重ねて否定した形です。立憲民主党の山岸一生氏への答弁です。

森喜朗元首相に聞き取り調査を行ったことは前日に記者団に明かしていたものの具体的な時期には言及していませんでした。野党は同氏の国会招致と事実確認を求めています。

X(旧Twitter)の反応!







管理人後記!


前述の衆議院内閣委員会では志帥会(二階派)の二階俊博氏を処分対象にしなかった理由について「本人の責任の取り方、説明の在り方を含めて党として判断した」と説明しました。同氏は次期衆議院選挙に不出馬を表明しています。

自民党は3月下旬の時点で森喜朗氏に「水面下で事情聴取を行った結果『関与なし』と認定」しました。岸田文雄首相の行った事情聴取で「キックバック(還流)再開の判断には森元総理大臣が関与していた」と証言した安倍派の幹部は一体誰なのか?。

野党は国会招致や証人喚問を要求しているもののそれに関してはほぼノーコメント状態です。森喜朗黒幕説への疑念は日に日に深まっています。

以前指摘したように「キックバック(還流)の開始・再開に関与できる程の大物政治家」「清和政策研究会」の歴史を遡れば森喜朗氏以外にあり得ないです。しかし、現時点ではあくまで「状況証拠」に過ぎません。裏金還流事件の真相を究明する近道は証拠を積み重ねて森喜朗氏を国会に引き摺り出すことです。野党は功を焦っている印象で腕の見せ所です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【波紋】政治資金パーティーを巡る裏金還流事件!岸田文雄首相「最終的には国民・党員に判断いただく立場にある」!他人事?総裁再選や衆議院解散を示唆?無責任な発言に党内外で批判殺到!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_04_10
※画像出典:東洋経済オンライン
派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて39人を処分した自民党執行部。岸田文雄首相は再発防止を「総裁としての責任だ」と述べた上で「最終的には国民・党員に判断いただく立場にある」と発言しました。総裁再選や衆議院解散総選挙を見据えた「観測気球」の可能性は高いもののまるで他人事のような発言は党内外で波紋を広げています。

■岸田首相「責任は国民判断」波紋 自民反発、野党は解散要求
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024040500930&g=pol
時事ドットコム 2024年04月05日 20時51分 配信


自民党派閥の裏金事件を巡り、自身の処分を見送った岸田文雄首相(党総裁)が「国民と党員に(責任を)判断してもらう」と発言し、与野党で5日、波紋が広がった。政権の危機にもかかわらず、総裁再選や衆院解散を目指すことを示唆したのではないかとの見方があるためだ。

■【速報】岸田総理「党総裁としての責任重く受け止める」「国民に判断いただく立場」自身の処分なしについて
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1096899
TBS NEWS DIG 2024年4月4日(木) 19:48


岸田総理は、自民党の派閥の裏金事件を受けた関係議員らの処分対象に自身が含まれなかったことについて「党全体として政治不信を招いたことは事実。党総裁としての責任は重く受け止めなければならない」と語りました。

岸田総理は、自身が先頭に立ち、党内のガバナンス改革や政治資金規正法の改正、再発防止などに全力で取り組むことが総裁としての責任だとしたうえで、「取り組みの進捗、取り組みぶり等をご覧いただいて、国民のみなさん、党員のみなさんにご判断いただく立場にあると考えている」と話しました。

このニュースについて!


2024年04月04日(木)。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件。関係議員39人の処分の受けて首相官邸で記者団の取材に応じた岸田文雄首相は「党内のガバナンス改革」「政治資金規正法の改正」「再発防止」「総裁としての責任だ」とした上で「取り組みの進捗や取り組みぶりをご覧いただいて最終的には国民・党員に判断いただく立場にある」と述べました。

宏池会(岸田派)の会長だった自身の処分を見送ったことについては「個人として不実記載がない」「宏池会の不記載は事務疎漏によるもので、結果的に不記載となった金額が個々の所属議員に渡ったものではなく、検察当局からも支出について特段の問題があるとはされていなかった」と見解を示しています。

2024年04月05日(金)。衆議院内閣委員会。前述と同様の認識を示した上で「衆議院解散や今秋の自民党総裁選挙を意図した発言だ」と指摘されたことについて否定しました。野党は処分の甘さを理由に「内閣不信任決議案」の提出を視野に攻勢を強めています。

一方で、離党勧告を受けた安倍派の塩谷立氏は処分を不服として「再審査請求」の検討を表明しました。独裁的な岸田文雄首相の発言は党内外に波紋を広げています。4日28日(日)に投開票の衆議院3補欠選挙の結果次第では「岸田おろし」は激化しかねない状況です。

X(旧Twitter)の反応!







管理人後記!


立憲民主党の泉健太代表は記者会見で「開き直って『文句があるなら判断してみろ』という言い方だ」と指摘しました。また「自民党には政権運営の資格も能力もない」「衆議院を解散して国民の信を問うのは当然だ」「解散総選挙」を要求しました。

日本維新の会の馬場伸幸代表は、岸田文雄首相の発言に触れて「すぐにでも選挙で信を問うべきだ」と同じく解散総選挙を要求しました。国民民主党の榛葉賀津也幹事長は「首相の一番の責務は真相究明だ」「責任を国民や党員が判断するだろうなんて、そんなずるい発言はない」と批判しています。

日本共産党の田村智子委員長は「非常に許しがたい」「徹底解明を投げ出し、徹底解明をしない岸田首相の責任も投げ出している」「選挙に勝てばみそぎは終わったと言うつもりなのか」「国民の怒りは自民党を下野させてくれというものなので、国会論戦をやる中で解散総選挙に追い込んでいくために野党が攻勢をかけなければならない」と怒りを露にしました。

自民党内部でも岸田派や二階派の優遇に反発は根強くある中で「最終的には国民・党員に判断いただく立場にある」と他人事のように述べたことで岸田文雄首相の責任を求める声は日に日に多くなっています。

岸田文雄首相は自身を処分する気はまったくないのは間違いありません。一方で、一連の発言は総裁再選や衆議院解散総選挙を見据えた「観測気球」で世論の動向を見ている可能性は高いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【崩壊寸前】政治資金パーティーを巡る裏金還流事件!自民党内部で「処分」への批判相次ぐ!対象議員「85人」の内処分は半数以下!岸田文雄首相の独裁的な党運営に「絶対に許さない」「判断がひどい」!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_04_08
※画像出典:FNNプライムオンライン
派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて自民党執行部は関係議員の処分を決定しました。塩谷立元総務会長や西村康稔経済産業相はそれぞれの秘書を通して「弁明書」を提出、世耕弘成前参議院幹事長は処分決定当日に「離党届」を提出⇒受理されました。一方で、岸田文雄首相の独裁的な党運営に「絶対に許さない」「判断がひどい」と批判の声は根強く自民党は崩壊寸前です。

■「絶対に許さない」「判断がひどい」党内で岸田首相へ怒り渦巻く 首相に責任求める声やまず 裏金処分決定から一夜
https://www.fnn.jp/articles/-/681362
FNNプライムオンライン フジテレビ 政治部 2024年4月5日 金曜 午前11:56


派閥の政治資金問題を受けた自民党議員の処分から一夜明け、岸田首相の今後の政権運営の行方に注目が集まっている。

国会記者会館から、フジテレビ政治部・阿部桃子記者が中継で最新情報をお伝えする。

自民党内では、処分を受けた議員からの恨み節に加え、処分を受けなかった岸田首相への不満がくすぶっている。

処分された安倍派の議員の間では、「判断がひどい」、「絶対に許さない」といった岸田首相への怒りが渦巻いている。

さらに、党内からは「岸田さんにも責任はあるのに人に押しつけている」などと、岸田首相に責任を求める声はやまず、「総理を交代してほしい」という声まで上がっている。

このニュースについて!


派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件。自民党執行部は「清和政策研究会(安倍派)」「志帥会(二階派)」の幹部4人を含めた「39人」の処分を決定しました。これを受けて、処分の対象外になった岸田文雄首相や執行部に対して批判の声は根強く党内で不満は燻っています。

離党勧告を受けた塩谷立元総務会長、党員資格停止1年の西村康稔経済産業相は処分決定当日に「それぞれの秘書を通して『弁明書』を提出」しました。塩谷立元総務会長は弁明書で「不当に重すぎる処分を受けるのは納得がいかず、到底受け入れることができません」と主張、党総裁の岸田文雄首相に対して「道義的・政治的責任も問われるべき」と訴えています。

同じく離党勧告を受けた世耕弘成前参議院幹事長は、処分決定当日に「離党届を提出⇒受理」されました。議員辞職は否定。離党勧告に関しては「誠実に受け止めることによって政治責任を果たしたい」「(不満は)全くない」「明鏡止水の心境だ」と強調しています。

2024年04月05日(金)。世耕弘成前参議院幹事長は国会内で自身で会長を務めた安倍派の参議院議員グループ「清風会」の会合に出席、離党した経緯を説明・謝罪しました。記者団の取材に応じた同氏は「おわびの会だ」「説明とご迷惑をかけた心からのおわびをさせていただいた」とコメントしました。後に自民党議員の事務所を1件1件回って謝罪行脚を行っています。

X(旧Twitter)の反応!







管理人後記!


党の調査で不実記載や誤記載を確認したのは「85人」で残る約40人は茂木敏充幹事長の「注意」で済ませました。次期衆議院選挙で不出馬を表明した二階俊博氏、元会計責任者は立件されたものの自身に不実記載はなかった岸田文雄首相は処分の対象外になっています。

党内には岸田文雄首相や執行部に対して批判の声は根強くあって、特に「処分の根拠」を明確にするように求める声は相次いでいます。

塩谷立氏は「事実誤認の中で処分が下された」「(派閥の)会計処理にはほとんどタッチしていない」と裏金作りへの関与を改めて否定した上で「再審査」を求める可能性を示しています。

岸田文雄首相は麻生派や安倍派(の一部)など重鎮勢力の支援を取り付けた模様。様々な勢力に配慮した処分で強引に幕引きを図る狙いです。一例を挙げれば、キックバック(還流)の金額234万円の塩谷立氏は離党勧告、2728万円の萩生田光一氏は党の役職停止1年、明らかに不自然です。

結局は「党内の権力闘争による粛清」です。当初80人規模だった処分は約40人に減って更に重い処分は「5人」に限定、処分の見直しや法律による処罰を求める声は与野党にあります。安倍派を中心に「自民党の離党」を示唆する動きまであって同党は崩壊寸前です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【紛糾】政治資金パーティーを巡る裏金還流事件!自民党執行部「39人」の処分を決定!塩谷立元総務会長・世耕弘成前参議院幹事長は「8段階」ある処分で2番目に重い「離党勧告」に!独裁的な党運営に賛否!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_04_05
※画像出典:時事ドットコム
派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件。自民党執行部は安倍派・二階派の幹部4人を含めた「39人」の処分を決めました。座長を務めた塩谷立氏と世耕弘成前参議院幹事長は「離党勧告」を受けました。一方で、岸田文雄首相と二階俊博元幹事長は対象外になりました。独裁的で線引きの曖昧な処分に賛否両論で党内は紛糾しています。

■自民党裏金事件で39人処分 塩谷、世耕氏に離党勧告
https://nordot.app/1148519650448818188?c=302675738515047521
共同通信 2024/04/04


自民党は4日、派閥の政治資金パーティー裏金事件を巡り、関係議員ら39人の処分を決めた。安倍派の衆院側、参院側でトップだった塩谷立、世耕弘成両氏を離党勧告とし、同派幹部を務めた下村博文、西村康稔両氏に党員資格停止1年、高木毅氏に同6カ月を科した。二階派の武田良太事務総長は党役職停止1年とした。岸田文雄首相ら執行部が処分案を党紀委員会に提示し、了承された。首相と二階派の二階俊博会長は処分対象に含まなかった。

■「深刻な政治不信を引き起こしおわび」首相発言要旨、不記載事件処分
https://www.sankei.com/article/20240404-5RTJVX6HBBM37KNIFL7KKXA53M/
産経新聞 2024/4/4 21:52


岸田文雄首相(自民党総裁)が4日、派閥の政治資金パーティー収入不記載事件を受けた処分を決定した後、記者団に語った主な内容は以下の通り。

「議員歴、不記載の金額や程度、説明責任の果たし方など状況を総合的に勘案して処分を決定した。長年、集団的に不記載が行われてきた疑いの強い派閥については、長年の慣行を是正せず結果的に放置してきた幹部の責任を重く見た。多くの疑念を招き、深刻な政治不信を引き起こしたことについて心からおわび申し上げる」

このニュースについて!


2024年04月04日(木)。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて、自民党執行部は「清和政策研究会(安倍派)」「志帥会(二階派)」の幹部4人を含めた「関係議員39人」の処分を決定しました。当初は「80人規模で処分を検討」していたものの最終的に半数程度に落ち着きました。

安倍派で座長を務めた塩谷立氏と世耕弘成前参議院幹事長は「8段階」ある処分で2番目に重い「離党勧告」になりました。事務総長経験者の下村博文元政調会長と西村康稔前経済産業相は3番目の「党員資格停止」を1年間。高木毅前国対委員長は党員資格停止6カ月。萩生田光一前政調会長は役職停止1年間の処分を下しました。

二階派は、武田良太元総務相、林幹雄元幹事長代理、平沢勝栄元復興相の3名でそれぞれ役職停止1年間の処分を下しました。内訳は安倍派で36人。二階派で3人。合計39人です。

東京都板橋区の地元事務所で会見を開いた下村博文元政調会長は「処分は受け入れるが、きちっとした真相解明をしてもらいたい」と党に対して要望しました。また、安倍派でキックバック(還流)を始めた経緯に関しては「われわれの時に始めた訳ではなく、長い間の慣行として不記載が始まっていた」と述べています。

X(旧Twitter)の反応!







管理人後記!


茂木敏充幹事長によれば、政治資金収支報告書への不実記載額「3526万円」で最多だった二階俊博元幹事長は「次期衆議院選挙の不出馬を表明」したことを踏まえて処分を見送りました。宏池会(岸田派)では元会計責任者は立件されたものの「岸田文雄首相自身に不実記載はなかったことを理由」に審査対象にしない方針です。

処分内容は派閥での役割や不実記載の金額(500万円未満?)を踏まえて決めたようで「毎日新聞の記事」によれば39人の内訳と詳細は以下の通りです(敬称略)。

<離党勧告>
塩谷立 世耕弘成

<党員資格停止1年>
下村博文 西村康稔

<党員資格停止6カ月>
高木毅

<党の役職停止1年>
武田良太 松野博一 萩生田光一 林幹雄 平沢勝栄 三ツ林裕巳 堀井学 橋本聖子 山谷えり子

<党の役職停止6カ月>
衛藤征士郎 小田原潔 菅家一郎 杉田水脈 中根一幸 宗清皇一 簗和生 宮本周司

<戒告>
大塚拓 尾身朝子 柴山昌彦 関芳弘 高鳥修一 西村明宏 細田健一 吉野正芳 和田義明
岡田直樹 加田裕之 末松信介 羽生田俊 堀井巌 丸川珠代 山田宏 中山泰秀


黒幕説の根強い森喜朗氏は対象外になった模様。岸田文雄首相は事実上無傷。独裁的で線引きの曖昧な処分に党内は賛否割れています。反発の声は根強く塩谷立氏と西村康稔氏はそれぞれ秘書を通して党に「弁明書」を提出しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【一歩前進】同性婚を巡る訴訟!東京地方裁判所は「違憲状態」と判断!札幌高等裁判所「婚姻の自由」を定めた「憲法24条1項」は「同性婚を保障する」と判断!控訴審での違憲判決は初!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_04_01
※画像出典:東京新聞 TOKYO Web
全国5地裁で起こされた同性婚を巡る訴訟6件の一審判決。東京地方裁判所は法制度の未整備の現状を「違反状態」と判断しました。札幌高等裁判所は婚姻の自由を定めた憲法24条1項は「同性婚も保障する」と理解を示した上で「関連規定は憲法違反」と初の判断を下しました。違憲3件。違憲状態2件。合憲1件。いずれも原告側の「損害賠償請求」は棄却されています。


■同性婚認めぬ規定「違憲状態」3例目、賠償請求は棄却―全国で判断割れる・東京地裁
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024031400157&g=soc
時事ドットコム 2024年03月14日 12時14分 配信


同性同士の結婚を認めない民法などの規定は、「婚姻の自由」や「法の下の平等」を保障する憲法に違反するとして、東京都内の同性カップルら8人が国に各100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、東京地裁であった。飛沢知行裁判長は同性婚を認めない現行法の規定は「個人の尊厳に照らして合理的な理由は認められない」と述べ、「違憲状態」と判断した。同判断は3例目。賠償請求は棄却した。

東京地方裁判所「憲法24条2項に違反する状態だ」!


2024年03月14日(木)。同性婚を認めない民法などの規定は「違憲だ」として同性カップルら8人は国に「1人当り100万円」「損害賠償」を求めた東京第2次訴訟の判決。東京地方裁判所は、法制度の未整備の現状を「個人の尊厳と両性の本質的平等を掲げた『憲法24条2項』に違反する状態だ」と判断しました。

飛沢知行裁判長は判決理由で「異性婚しか認めない現行制度では同性カップルは『税や社会保障の優遇措置など法律上の利益』『2人の関係を社会的に公証され医療機関でパートナーの診察状況を当然に知る利益』など重要な人格的利益を一切受けられない状況にある」と述べました。

いわゆる「違憲状態」であることは認められたものの法制度に関しては「複数の選択肢があり制度設計は国会の立法裁量に委ねられる」として「現時点で違憲とまでは言えない」と結論付けています。

斎藤清文裁判長「同性婚制度」の導入について「不利益や弊害はない」!


同日。同性同士の結婚を認めない民法と戸籍法の規定は憲法違反として北海道のカップル3組で国に約600万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決。札幌高等裁判所は「婚姻は両性の合意のみに基いて成立する」と婚姻の自由を定めた憲法24条1項は「同性婚も保障する」と理解を示した上で「関連規定は憲法違反」と初の判断を下しました。

斎藤清文裁判長は憲法24条1項について「同性間の婚姻も異性間と同じ程度に保障している」「同性愛者は社会生活上の著しい不利益などを受け、個人の尊厳を成す人格が損なわれている」と指摘しました。

また「同性婚制度」の導入について「不利益や弊害はない」として「現時点では国会の裁量の範囲を超える」と認定しました。更に、異性間の婚姻を認めて同性婚を認めないのは「合理的根拠を欠く差別的な扱い」として憲法14条1項に違反すると結論付けています。

同種訴訟6件で判断分れる!


これで全国5地裁で起こされた同種訴訟6件の一審判決は出揃いました。札幌高等裁判所の違憲判断は札幌・名古屋の両地方裁判所に続いて3件目で「憲法24条1項違反」を認めたのは初です。

札幌高等裁判所、札幌地方裁判所、名古屋地方裁判所では違憲。東京地方裁判所の別訴訟と福岡地方裁判所では違憲状態。大阪府では合憲。判断は割れました。尚、いずれも原告側の「損害賠償請求」「棄却」されています。

管理人後記!


同性婚を認めないことを「違憲状態」ではなく明確に「違憲」と判断した札幌高等裁判所の判決は画期的です。これを受けて、岸田文雄首相は翌日の参議院予算委員会で「現段階では確定前の判決であり、他の裁判所で同種訴訟が継続している」「引き続き判断を注視したい」と述べました。

同性婚に関する規定を設けないことは「憲法に違反するものではない」と後ろ向きな答弁に繰り返して従来の政府見解を強調しました。立憲民主党の石川大我氏への答弁です。

国側は「同性間の婚姻は憲法で想定していない」と主張していて「婚姻制度の目的は法律上の男女の保護で合理性は失われていない」と反論、原告側の請求棄却を求めています。

尚、法制度の未整備を「違憲状態」とした東京地方裁判所の判決を不服として原告側は控訴しました。東京都内で記者会見を行った原告側は「高裁で明解な違憲判断を」と訴えました。山縣真矢氏(57歳)は「後退も前進もしない一審判決に感慨もなかった」とコメントしています。

一連の訴訟の争点は主に以下の3点です。

・憲法24条1項
・憲法24条2項
・憲法14条1項


憲法24条は1項で「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有する」と規定、2項で「(婚姻及び家族の)法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない」と規定、この「夫婦」「両性」の解釈で同性間の婚姻の位置付けを巡って度々議論になっています。

立法措置を巡る国側の賠償責任に関する判断は要注目です。個人的には「同性婚」は賛成です。選択的夫婦別姓と同じで、

・マジョリティに配慮を求めないこと
・ポリコレ信奉者に悪用させないこと


を前提に制度設計してくれれば積極的に議論して欲しいです。しかし「選択的夫婦別姓にこじ付けたポリコレ案件」は既に起きていて同性婚でも同じような展開になることは断言できます。この点だけは明確に反対の意思を表明しておきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【第二自民党】日本維新の会「党大会」で「与党の過半数割れ」を目指す活動方針を採択!候補者調整は否定!狙いは連立入り?馬場伸幸代表「日本を二大政党(制)にして保守政党同士の改革合戦に日本を持っていく」!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_03_31
※画像出典:毎日新聞
日本維新の会の党大会。馬場馬場伸幸代表は「自民党に代わる政権政党を目指す」と述べて結束を呼び掛けました。従来の目標の野党第一党獲得に加えて「与党過半数割れの達成を明記した2024年活動方針」を採択。同党は「今後3回以内の衆議院選挙で政権獲得」の具体的な目標を掲げました。一方で、与党の過半数割れに不可欠な立憲民主党との候補者調整は否定するなど馬場伸幸代表の言動は矛盾しています。

■維新、与党過半数割れ目標 馬場氏「保守二大政党へ」
https://nordot.app/1144536054922231954?c=39550187727945729
共同通信 2024/03/24


日本維新の会は24日、京都市内で党大会を開き、次期衆院選の目標として従来の野党第1党獲得に加え、新たに与党過半数割れの達成を明記した2024年活動方針を採択した。馬場伸幸代表は6月の衆院選が濃厚との見方を示し「日本を二大政党にして、保守政党同士の改革合戦に日本を持っていく」と述べ、自民党に代わる政権政党を目指すと表明した。

■日本維新の会、次期衆院選で与党の過半数割れ目指す…馬場代表は解散時期を「6月」と見立てる
https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20240324-OYT1T50087/
読売新聞オンライン 選挙・維新の会 2024/03/25 00:18


日本維新の会は24日、京都市内で党大会を開き、次期衆院選を巡り、野党第1党の座を奪取するという従来の目標に加え、与党を過半数割れに追い込むことを目指すとした活動方針を採択した。与党の過半数割れには立憲民主党との候補者調整が不可欠とみられ、野党第1党との両立に向けて、馬場代表の手腕が問われそうだ。

このニュースについて!


2024年03月24日(日)。京都府京都市のホテルで党大会を開いた日本維新の会。次期衆議院選挙の目標として従来の「野党第一党獲得」に加えて新たに「与党過半数割れの達成を明記した2024年活動方針」を採択しました。馬場伸幸代表は「日本を二大政党にして保守政党同士の改革合戦に日本を持っていく」と述べて「政権交代」の目標を明確にした形です。

日本維新の会の「2024年活動方針」は以下の通りです。

・次期衆議院選挙は与党過半数割れと野党第一党を目標。今後3回以内の衆議院選挙で政権獲得。
・国会の議席数は一強多弱のままで「我が党を含む野党は襟を正す必要がある」と言及。
・自民党派閥の裏金還流事件を「最大与党の緩みが最高潮に達した」と批判。制作活動費や政党の運営資金の透明性・公開性向上を主張。
・憲法や安全保障、少子化対策といった国家運営の根幹となる重要議題で現政権に対案提示。


日本維新の会は政権獲得へのステップに掲げていた「参議院選挙(2022年)での改選6議席の倍増」「統一地方選挙(2023年)で地方議員600人以上」の目標をクリアしました。また、衆議院解散総選挙の時期に関しては「今年6月」と見方を示しました。同党は既に「156人」の立候補予定者を擁立しています。

馬場伸幸代表は挨拶で「いよいよ3つ目の野党第1党と同時に与党過半数割れを目指して達成していきたい」と表明しました。一方で、共同代表の吉村洋文大阪府知事は「国民が維新を信頼する空気にはまだなっていない」と指摘。選挙の態勢を早期に整えるように求めたようです。

X(旧Twitter)の反応!







管理人後記!


党大会では他に「安全保障改革に関する調査会」の立ち上げなどを打ち出して、看板政策の「身を切る改革」の領域を広げて「全国政党化」に向けた動きを加速させる狙いです。

日本維新の会は与党の過半数割れに不可欠な立憲野党(立共社れ)との候補者調整を否定、立憲民主党は政策ごとに野党で連携する「ミッション型内閣構想」を提唱しているものの「日本維新の会」「国民民主党」「教育無償化を実現する会」はこの構想に否定的です。

また、同党は次期衆議院の小選挙区に既に「156人」の立候補予定者を擁立しました。しかし、全小選挙区への擁立については「現状では非常に難しい」と述べています。

更に、日本維新の会と立憲民主党は立候補予定者は全289の小選挙区の内、約100選挙区で競合、与党を過半数割れに追い込むシナリオはまったくイメージできません。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【森喜朗黒幕説】新証言の信憑性は?安倍派幹部の一部「キックバック(還流)再開の判断には森元総理大臣が関与していた」!自民党は水面下での事情聴取で「関与なし」と認定!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_03_30
※画像出典:日テレNEWS NNN
派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件。岸田文雄首相の行った追加の事情聴取で安倍派幹部の一部は「キックバック(還流)再開の判断には森元総理大臣が関与していた」と証言していた模様。一方で、自民党は森喜朗氏に水面下で事情聴取を行った結果「関与なし」と認定しました。新証言の信憑性は?。国会招致を含めて今後の動向に要注目です。

■【独自】安倍派幹部の一部「キックバック再開判断に森元首相関与」新証言
https://news.ntv.co.jp/category/politics/c4b0f45d12634cb399e55b8d9c03d5e3
日テレNEWS NNN 2024年3月27日 18:57


岸田総理大臣から事情聴取を受けた安倍派幹部の一部が「キックバック再開の判断には森元総理大臣が関与していた」と新たな証言をしたことが分かりました。

岸田総理による追加の事情聴取は26日、27日と2日間にわたって行われ安倍派幹部の塩谷立氏、下村博文氏、西村康稔氏、世耕弘成氏の4人が聴取を受けました。

■安倍派キックバック再開に“新証言”なぜいま?
https://news.ntv.co.jp/category/politics/8f74ed80b54e432ca07ef2e8a9a1ddd5
日テレNEWS NNN 2024年3月28日 18:42


来年度予算案をめぐる審議が大詰めを迎えています。本来は、この時間に予算は成立し、岸田首相の記者会見が始まるはずだったのですが予定が狂っています。何が起きているんでしょうか?

安倍派のキックバック再開をめぐる経緯についてこれまで新事実が「ないない」と言われてきた中ここにきて「新証言」が出てきたことなどが原因です。野党側は「今さら何なんだ」と猛反発しています。

その新証言とは岸田総理自らが乗り出した聴取で安倍派幹部の一部が「再開の判断に森元総理が関与していた」というものです。

このニュースについて!


2024年03月27日(水)。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件。岸田文雄首相自身で行った追加の事情聴取で安倍派幹部の一部は「(安倍晋三元首相亡き後で)キックバック(還流)再開の判断には森元総理大臣が関与していた」と新たな証言をしました。第一報は「日本テレビ」です。

追加の事情聴取に応じたのは安倍派幹部は、座長を務めた塩谷立氏、下村博文元文部科学相、西村康稔前経済産業相、世耕弘成前参議院幹事長の4名です。前述の発言をした人物は現時点で不明です。

同日の参議院予算委員会。岸田文雄首相は来週以降、関係議員に対して事情聴取を続ける意向を示したことを受けて、野党は森喜朗元首相への聴取を要求しました。立憲民主党の杉尾秀哉氏は「あらゆるものが森元首相から(還流が)始まったことを示している」「聞かなきゃダメですよ」と攻勢を強めています。

2024年03月28日(木)。参議院予算委員会。岸田文雄首相は裏金還流事件を受けた森喜朗元首相について「関係者の一人であり、政治責任を明らかにするために必要な方ということで含まれ得る」と聴取の可能性に言及しました。

2024年03月29日(金)。自民党は「清和政策研究会で会長経験者の森喜朗元首相に水面下で事情聴取」を行っていました。キックバック(還流)を始めた経緯や2022年に復活した状況について尋ねた結果「関与なし」と認定した模様。追加聴取は現時点で想定しておらず野党は反発しています。

X(旧Twitter)の反応!







管理人後記!


シンプルに「清和政策研究会」の歴史を見ればキーパーソンは森喜朗氏でほぼ確定しています。安倍派で座長を務めた塩谷立氏は衆議院政治倫理審査会で、同派の政治資金パーティー収入のキックバック(還流)について「明確な経緯は承知していない」と前置きした上で「20数年前から始まったのではないかと思う」と述べました。

安倍晋三氏の会長就任は2021年11月です。逆算すれば20数年前に会長を務めていたのは森喜朗氏です。安倍晋三氏、細田博之氏、町村信孝氏は既に故人、キックバック(還流)の再開について口を出せるのは森喜朗氏だけです。

森喜朗氏の関与に関して言及されたのは初です。森喜朗氏は政界を引退した現在でも自民党内に絶大な影響力を持っていて「各派閥の意思決定」に大きく関与していました。政府・与党の対応の遅さはこれを裏付けています。それだけに「森喜朗黒幕説」は納得できるものです。

一方で、森喜朗氏は既に「民間人」です。森友学園事件では民間人の籠池泰典氏を国会に招致したので制度上は可能です。しかし、民間人を国会に引き摺り出すには相応の「証拠」を揃えなければなりません。また、

・森喜朗氏の関与を仄めかした安倍派幹部の一部は誰?
・何故このタイミングで新たな証言をした?
・第一報を報じた「日本テレビ」の情報源(リーク元)は?


など新証言の信憑性に疑問は残ります。いずれにしても岸田文雄氏を辞めさせた所で解決は不可能です。真相究明を望むのであれば「森喜朗氏を国会に引き摺り出せるだけの証拠」を揃える以外にないのです。特に「立憲民主党」の攻め方は単調なのでこのままではなあなあで終ってしまいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【事実上の政界引退】処分回避?逃げ得?自民党の二階俊博元幹事長「次期衆議院選挙」に「不出馬」を表明!政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて「政治不信を招く要因となったことを深くおわびする」!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_03_28
※画像出典:産経新聞
自民党の二階俊博元幹事長は次期衆議院選挙に出馬しない意向を表明しました。岸田文雄首相には電話で自身の意向を伝えた模様。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて、党執行部は関係議員の処分を検討している最中での判断に様々な憶測を呼んでいます。一連のスキャンダルについて真実を語ることなく事実上の「政界引退」を選択しました。

■自民・二階氏、衆院選不出馬を表明 裏金「政治不信招きおわび」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2024032500161&g=pol
時事ドットコム 2024年03月25日 12時25分 配信


自民党の二階俊博元幹事長(85)=衆院和歌山3区=は25日、党本部で記者会見し、次期衆院選に出馬しない意向を表明した。政治資金パーティー裏金事件で二階派の元会計責任者と自身の秘書が立件されたことを受け、「政治不信を招く要因となったことを深くおわびする。自らの政治責任を明らかにする」と理由を語った。

■二階俊博氏「不出馬」は「逃げ得」では? 裏金づくりの実態に沈黙「いちいち政倫審に出なくても」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/317290
東京新聞 TOKYO Web 2024年3月26日 06時00分


自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件で、政治責任を理由に次期衆院選への不出馬を表明した二階俊博元幹事長。政治倫理審査会に出席せず、裏金づくりの説明責任を十分に果たさないまま、幕引きを図った。岸田文雄首相は二階氏の「けじめ」を渡りに船とばかりに、安倍派幹部ら裏金の関係議員の処分を急ぐ。処分に必要な事件の全容解明は行われていないのに、追及をかわすための一場面として「損切り」だけが行われてしまうのか。(井上峻輔)

このニュースについて!


2024年03月25日(月)。党本部で記者会見を行った自民党の二階俊博元幹事長は次の「衆議院選挙」には出馬しない意向を表明しました。岸田文雄首相には電話で自身の意向を伝えました。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて「政治責任」を理由に挙げています。

記者会見の冒頭で同氏は「政治不信を招く要因となったことに対し改めて国民と地元の皆さまに深くおわび申し上げる」「派閥の会計責任者と私の秘書が刑事処分を受けているが、政治責任は当然、すべて監督責任者の私自身にある」と反省の弁を述べました。

東京地検特捜部は「志帥会(二階派)」で二階俊博元幹事長の秘書を務めた人物と元会計責任者の2名を立件、前者は罰金100万円の略式命令、後者は略式起訴になっています。

一方で、残りの任期については「有権者に負託された議席」であることを強調しました。国土強靭化化や大阪・関西万博の準備などに尽力する考えを示しています。

また、党執行部で関係議員の処分を検討していることを「今回の判断に影響したのか?」と問われた際は「影響はない」「自身で決めたことだ」と説明しました。更に「離党」については二階俊博元幹事長の側近で記者会見に同席した林幹雄元経済産業相は「ない」と代りに答えています。

X(旧Twitter)の反応!







管理人後記!


二階俊博氏(85歳)は現和歌山3区選出。当選回数13回。和歌山県議会議員を連続2期務めた後に1983年(昭和58年)の衆議院選挙で初当選。安倍・菅の両政権下では幹事長に就任。在任期間は歴代最長の5年2カ月に及びました。自身の政界引退や後継者選びについては地元の県連などに委ねる方針です。

派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けて、党で行ったアンケートによれば「政治資金収支報告書」に記載していなかったパーティー券の収入は一昨年までの5年間で「3526万円」に上ることを報告しました。自身で会長を務めていた志帥会は今年1月に解散を決めています。

岸田文雄首相は「自民党の再起を強く促す出処進退であると重く受け止めた」と述べました。茂木敏充幹事長は「長年にわたって党勢拡大に大きく貢献された」「政治経験豊かな方だ」と評価しました。処分の有無については明言を避けています。

東京都知事の小池百合子氏は「二階先生らしいご決断だなと思った」とコメントしました。また「とても長いお付き合いだ」「地元にかける思いなど、学ばせていただいたことを私も東京で生かしていきたい」と述べています。

政治責任は認めたものの裏金還流事件に関して真実を語ることなく二階俊博氏は事実上の政界引退を選択しました。選挙に出馬しない以上は党として「処分」を下すのは無理筋です。見方によっては逃げ得と言えます。同様に派閥で不実記載のあった岸田文雄首相はこれで自身の処分を回避できます。

二階俊博氏は自民党の重鎮として岸田文雄氏の首相選任時に大きな影響を与えた人物です。不出馬を決めたことで失うものはなくなりました。任期満了まで黙って終るとは思えず自民党内部のパワーバランスに大きな影響を及ぼす可能性は高いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【火消し】政治資金パーティーを巡る裏金還流事件!自民党「清和政策研究会(安倍派)」と「志帥会(二階派)」の議員「計80人規模」の処分を検討!事務総長経験者ら4名は「非公認」以上の厳重処分に?4月上旬を目途に一斉実施!

政治・経済・時事問題
crndnewsdig_2024_03_25
※画像出典:産経新聞
派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件。自民党執行部は安倍派・二階派の議員を「80人規模」で処分する検討に入りました。また、事務総長経験者ら4名に関しては「選挙での非公認以上の処分」を下します。一方で、岸田派については「裏金化の事実はなかった」として同派の会長だった岸田文雄首相は処分の対象にしない方向です。

■安倍派幹部4氏、非公認へ 自民裏金処分、追加聴取も
https://nordot.app/1144197040241557598?c=39550187727945729
共同通信 2024/03/23


自民党は派閥の政治資金パーティー裏金事件を巡り、安倍派の資金還流の対応を協議した幹部会合に出席した塩谷立元文部科学相ら4氏を「選挙での非公認」以上の処分を科す方向で調整に入った。近く党幹部が4氏に追加聴取する見通しで、党総裁である岸田文雄首相自らが聞き取り役に加わる案も検討している。複数の関係者が23日、明らかにした。

■自民、裏金議員80人規模処分へ 4月上旬にも一斉実施
https://nordot.app/1142431031568515921?c=39550187727945729
共同通信 2024/03/18


自民党は派閥の政治資金パーティー裏金事件を受け、安倍、二階両派の議員計80人規模を4月上旬にも一斉処分する方向で調整に入った。党が定める処分で最も重い「除名」と、それに次ぐ「離党勧告」は見送る。岸田文雄首相(党総裁)は役員会で政治資金収支報告書への不記載額や役職歴、説明責任の果たし方などを踏まえると言明。派閥幹部には厳正に対応する方針で、「党員資格停止」や「選挙での非公認」を科す案が浮上している。複数の関係者が18日、明らかにした。

このニュースについて!


2024年03月18日(月)。派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件。自民党執行部は「清和政策研究会(安倍派)」「志帥会(二階派)」の議員に関して「計80人規模」を4月上旬を目途に処分する方向で検討に入りました。一方で、党で定める処分で最も重い「除名」とそれに次ぐ「離党勧告」は見送る見通しです。

2024年03月19日(火)。自民党執行部は関係議員の処分に向けて調整を本格化しました。政治資金収支報告書への不実記載を判明した「国会議員82人全員を対象に4月上旬に処分に踏み切る方針」です。異例の大規模処分で「自浄能力」をアピールして、党の支持率回復に繋げる考えです。

茂木敏充幹事長は同日の党役員連絡会で「処分内容」について結論を得るように岸田文雄首相に指示されたことを明かしました。また、同日の党紀委員会では自身の不実記載を理由に辞任した衛藤晟一氏(参議院)の後任に逢沢一郎氏(衆議院)を互選しました。今後の処分の検討に着手します。

2024年03月23日(土)。自民党執行部は事務総長経験者らに関して厳しく処分する方向で調整に入りました。対象者は、安倍派の座長だった塩谷立氏、下村博文元文部科学相、西村康稔前経済産業相、世耕弘成前参議院幹事長で「選挙での非公認以上の処分」を下します。

X(旧Twitter)の反応!







管理人後記!


派閥の政治資金パーティーを巡る裏金還流事件を受けた「政治刷新車座対話」の初会合を石川県金沢市で開きました。茂木敏充氏は党石川県連関係者と非公開で意見交換。同氏は「きちんと政治責任、けじめをはっきりしてほしいという強い意見が出た」と述べました。

一方で「不実記載のない議員は処分の対象外」にする方針です。宏池会(岸田派)では「裏金化の事実はなかった」として同派の会長だった岸田文雄氏は処分の対象にしない方向です。

80人規模の処分は2005年の郵政民営化関連法案に反対した50人を上回る異例の大量処分です。郵政造反組に下した除名や離党勧告などの厳重処分は回避、党内融和を優先して事件の幕引きを図る狙いです。

最終的な処分内容や対象者は岸田文雄氏を中心に自民党執行部で判断します。基本的には「不実記載の金額」「役職歴」などで勘案、中堅・若手議員は党の役職停止や戒告にする見通しです。

当初は党内処分を行わない方向だったものの政府・与党の支持率低下や世論の根強い反発に配慮して関係議員の処分を決めた形です。しかし、これで幕引きは到底不可能な情勢です。最大で4カ所程度に膨らむ可能性のある4月の「補欠選挙」の結果次第では「岸田おろし」の契機になり得ます。

ブログランキング・にほんブログ村へ